住宅展示場・モデルハウスの見学前に必ず準備しておきたいこと

公開日:2022/02/01   最終更新日:2022/02/07

住宅展示場・モデルハウス見学は、注文住宅を建てる際には欠かせません。最新の設備や間取りを取り入れた住宅の見学は、住まいづくりにおいて大きなヒントを得ることができます。この記事では、住宅展示場・モデルハウス見学に行く際に意識すべきポイントや準備しておきたいアイテムをご紹介していきます。

下調べと計画は綿密に

住宅展示場・モデルハウス見学に行く前には必ず下調べをすることが大切です。まずは、どこにどのような住宅展示場・モデルハウスがあるのかをインターネットで調べてみましょう。また、情報を調べる際には、同時にセミナーや無料相談会などのイベント情報についても調べておくことをおすすめします。

当日までに準備しておきたい持ち物

住宅展示場・モデルハウスの見学ではカタログやパンフレットを持ち帰ることも多いため、エコバッグなどがあると非常に便利です。見学の際には筆記用具を準備しておくことで、気になる展示場名やメーカーの名前をメモして覚えておくことができるので忘れずに用意しておきましょう。

廊下の幅や収納など、空間の広さが気になるという方は、メジャーを準備しておくと空間の寸法を測ることができるため、住まいづくりの際に役立てることができます。また、住宅展示場は広大な敷地のところが多く、複数の会場に分かれていることもあるため、動きやすい服装で行くようにしましょう。

チェックしたいポイントをリスト化すると便利!

住宅展示場にはさまざまなモデルハウスが展示されており、敷地も広大であるため、すべて見て回るというのは難しいです。効率よくモデルハウスを見学するためにも、事前にチェックポイントをリスト化しておくようにしましょう。ここでは、住宅展示場で意識すべきチェックポイントについてご紹介していきます。

住宅の性能

住宅の性能についてはさまざまな基準がありますが、その中でもとくにチェックしておくべきものは断熱性・省エネ性・耐久性・耐震性能についてです。基本的にはモデルハウスごとに数値を比較しながら確認していきますが、直接構造を確認できるタイプもあるため、そのような時は自分の目で実際に確かめてみるとよいでしょう。

最新設備の仕様

住宅展示場・モデルハウスを見学する大きなメリットは、最新の設備や仕様を実際にチェックできることです。住宅に取り入れられている最新設備のトレンドを体感し、仕様を理解することで、住まいづくりにおける新たなヒントが見つかるでしょう。

メーカーごとのオリジナル製品

住宅展示場・モデルハウスの見学は、ハウスメーカーごとに売り出しているオリジナル製品を実際に見比べることができる貴重な機会です。オリジナル製品は設備をはじめ、床材や壁材、外装などさまざまな種類のものが展開されています。

各ハウスメーカーによってデザインや機能が異なるため、気になるものを見つけた際には、メモを取るなどしてチェックしていくようにしましょう。

細かい内装の部分

住宅展示場・モデルハウス見学では、住宅設備や外装のデザインなどに目を奪われてしまいがちですが、内装の床や扉、サッシなど目につきにくい細かい部分についてもしっかりと確認することが大切です。ドアの開閉方向やコンセント・スイッチの位置など、実際にその家で生活した時のことをイメージしながら1つ1つ確認していきましょう。

見学の予約も忘れずに!

住宅展示場・モデルハウスは、予約をせずに見学できますが、事前予約をしておくことでさまざまなメリットがあります。ここでは、事前に見学を予約しておくことで得られるメリットについてご紹介していきます。

ゆっくりと見学できる

予約をしていない場合には、展示場が混雑した時にゆっくりと見学できない可能性があります。しかし、事前に予約をしておくことで、当日の混雑具合や予約状況を確認できるため、空いている時間を狙うことで余裕を持ってゆっくりとモデルハウスを見学できます。

丁寧な接客を受けられる可能性が高くなる

事前に見学を予約しておくことで、予約なしで参加するよりも丁寧な接客を受けられる可能性が上がります。また、予約なしと比べると経験豊富なスタッフが担当してくれることも多いのも大きなメリットといえるでしょう。優れた知識と経験を兼ね備えたスタッフに担当してもらうことで、住まいづくりにおける効果的な提案を受けることもできます。

案内がスムーズになる

事前予約と共に利用者の年齢や家族構成を伝えておくことで、担当者も見学に来る相手のイメージがしやすいため、案内がよりスムーズになることが期待できます。自身の情報を事前に伝えておくことで、ライフスタイルに適した提案をしてもらったり、興味のありそうな資料を集めてくれていたりするため、効率よく有益な情報を集めることができます。

 

この記事では、住宅展示場・モデルハウス見学の際に意識すべきポイントや準備しておくべき物についてご紹介しました。住宅展示場・モデルハウス見学は、住まいづくりにおける重要なヒントを得られる大変貴重な機会です。今回ご紹介したポイントを押さえておくことで、より効果的な情報を集めることができるため、興味を持たれた方はぜひ住宅展示場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

注文住宅には、フルオーダーとセミオーダーという注文方法があります。フルオーダーとセミオーダーは、費用も異なるため、まずは要望を書きだし、それを叶えることができる注文住宅がどちらなのか考える必

続きを読む

足利市の住環境 足利市は栃木県の南西部に位置しています。交通アクセスも良好であることから、栃木県で住むのに人気のエリアとなっています。 JRの他にも東武鉄道が通っているため電車でのアクセスは

続きを読む

内装のデザインの決め方が分からないという人のために注文住宅の内装デザインはどう決める?具体的な手順を大公開します!この記事を読めば、内装のデザインの決め方、内装のデザインを決める手順全てわか

続きを読む

注文住宅の費用は決して安くはないため、できるだけ建設コストを抑えたいと考える人は少なくないでしょう。そこで本記事では、注文住宅の費用内訳、注文住宅の建築コストを安く抑えるための方法、注文住宅

続きを読む

ガレージハウスは、クルマが好きな人にとって憧れの存在です。そんなクルマ好きが憧れるガレージハウスには、メリット・デメリットがあるのでしょうか? そこで今回は、ビルドインガレージのメリット・デ

続きを読む

近年、住宅の広告等で「長期優良住宅」という言葉を一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。長期優良住宅は高水準の性能に加え、一般的な住宅にはないさまざまなメリットがありますが、一

続きを読む

注文住宅で内装を選ぶと失敗しやすいというのは本当なのでしょうか。家を建てるうえで、その空間で住む人が快適に過ごせるかどうかというポイントはとても重要になってきます。そのためには、壁や天井、床

続きを読む

栃木県北部に位置し、関東地方の最北部となるのが那須塩原市です。塩原渓谷や塩原温泉郷などがあり山々の自然豊かな北西部と、那珂川と箒川が流れ、ゆるやかな扇状地となる南東部で形成されます。東北新幹

続きを読む

家を建てる際に避けては通れないのが耐震等級。地震が起きた際に、建物がどのくらい耐えられるかということの指標になります。注文住宅において、耐震等級はどのくらいあれば安心して住めるのでしょうか。

続きを読む

注文住宅で悩むポイントの一つである「間取り」。間取りによって、家の住み心地や快適さが変化します。注文住宅は、間取りも自分たちで決められるので、失敗したくないと考えている方も多いのではないでし

続きを読む