ビルトインガレージ付きの注文住宅を建てるメリット・デメリット!

公開日:2022/06/15   最終更新日:2022/06/28

ガレージハウスは、クルマが好きな人にとって憧れの存在です。そんなクルマ好きが憧れるガレージハウスには、メリット・デメリットがあるのでしょうか?

そこで今回は、ビルドインガレージのメリット・デメリットを分かりやすく解説しました。クルマが好きな方はぜひ最後まで読んでみてください。

ビルドインガレージとは?

ビルドインガレージはガレージハウスと同じで、住宅とガレージが一体になったタイプの駐車スペースのことを指します。ビルドインガレージは、敷地が道路より高い場合などは、道路の面に合わせて、地下室のようにガレージを設けられている場合があります。

なお建築基準法において、ビルドインガレージを設ける場合にはルールがあり、ガレージの面積が延べ床の面積の15までは含めなくてもよいとされています。

また地下に車庫を設ける場合、建ぺい率規制を受けず、容積率は延べ床面積の13まで地下の面積は算入しなくてもよいとされているので、注意が必要です。

ビルドインガレージ付きの注文住宅を建てるメリット

まずはビルドインガレージ付きの注文住宅を建てるメリットについて解説します。

車を守れる

駐車するスペースが壁に囲まれている場合、強い雨や風を防ぐことができます。

出し入れが簡単

建物内にガレージが組み込まれているのがビルドインガレージの特徴なので、住居するスペースと車の距離が近く、車の運転に慣れていない人でも安心して出し入れできます。

また、ビルドインガレージの特徴は、住居とつながっていることです。そのため、雨の日に傘をさす必要がないのもメリットです。

容積率の緩和措置の対象となる

容積率の緩和措置の対象になり、延床面積は容積率によって制限されます。そのため、同じ容積率の敷地に建物を建てる場合、ビルドインガレージのある家の方が、上限が広くなります。

ワクワク感

愛車を近くで眺められることもメリットでしょう。車が好きな人は、休日は一日中、趣味の部屋にしたビルドインガレージでゆっくり過ごす人もいます。

居住空間の延長の空間になるので、時間を気にせず、リラックスした空間を楽しめることができます。セキュリティが確保されることはもちろんですが、車と人の距離が近くなります。

距離が近くなるので、カーライフがストレスフリーに楽しめるようになるのが大きなメリットです。

ビルドインガレージ付きの注文住宅を建てるデメリット

ビルドインガレージにはさまざまなメリットがあることをお伝えしましたが、デメリットもあります。詳しく解説するので、メリットとデメリット双方を把握したうえで検討することをおすすめします。

騒音・換気対策が必須

ガレージハウスの場合、住居と同じ建物内でエンジンをかけることになるので、音や排気ガスなどが気になるかもしれません。また、エンジン音以外にも、シャッターの開閉の際に音がしてしまいます。

家族が起きている時間帯であれば大丈夫ですが、早朝や深夜の場合、どうしても気になってしまうので、家族との間で生活のスタイルが違う場合は、どうしても大きなストレスになる可能性があります。そのため、部屋の配置に配慮しておくのが大切です。

シャッターの音がどうしても気になる場合は、音が静かなオーハースライタータイプのシャッターを選ぶのがおすすめです。値段は少し高くなりますが、見た目もすっきりとした雰囲気になります。

間取りや強度に工夫が必要

1階のほとんどをガレージが占めるため、玄関や階段の位置など自由度は下がってしまいます。また、ガレージ分、居住スペースを削られてしまいます。そのため、住みづらくならないよう各部屋の配置プランを立てることが必要になります。

コストがかかる

ビルドインガレージを設けることで、建設コストは高くつきがちです。ガレージの大きさや仕上げによって変わりますが、6坪程度の一般的なサイズのもので、費用は大体250万~400万円程度となっています。

敷地内にカーポートを設置する場合、だいたい50万程度の予算で1台分の駐車スペースを確保することができるので、建設コストの部分で設置を悩む人が多くいます。

人によっては、家づくりの予算の大きな部分を占めるので、家族間できちんと優先順位を話し合う必要があるでしょう。

 

ビルドインガレージ付きの注文住宅を建てるメリット・デメリットついて解説しました。

ガレージハウスは車を守り、カーライフを快適にすることができます。騒音や換気対策など、コストがかかることもあります。

しかし、快適な空間にするため、照明や収納などの工夫するため理想のカーライフを過ごすことができます。メリットとデメリットをじっくり比べて、ビルドインガレージを付けるか検討してください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

注文住宅には、フルオーダーとセミオーダーという注文方法があります。フルオーダーとセミオーダーは、費用も異なるため、まずは要望を書きだし、それを叶えることができる注文住宅がどちらなのか考える必

続きを読む

足利市の住環境 足利市は栃木県の南西部に位置しています。交通アクセスも良好であることから、栃木県で住むのに人気のエリアとなっています。 JRの他にも東武鉄道が通っているため電車でのアクセスは

続きを読む

内装のデザインの決め方が分からないという人のために注文住宅の内装デザインはどう決める?具体的な手順を大公開します!この記事を読めば、内装のデザインの決め方、内装のデザインを決める手順全てわか

続きを読む

注文住宅の費用は決して安くはないため、できるだけ建設コストを抑えたいと考える人は少なくないでしょう。そこで本記事では、注文住宅の費用内訳、注文住宅の建築コストを安く抑えるための方法、注文住宅

続きを読む

ガレージハウスは、クルマが好きな人にとって憧れの存在です。そんなクルマ好きが憧れるガレージハウスには、メリット・デメリットがあるのでしょうか? そこで今回は、ビルドインガレージのメリット・デ

続きを読む

近年、住宅の広告等で「長期優良住宅」という言葉を一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。長期優良住宅は高水準の性能に加え、一般的な住宅にはないさまざまなメリットがありますが、一

続きを読む

注文住宅で内装を選ぶと失敗しやすいというのは本当なのでしょうか。家を建てるうえで、その空間で住む人が快適に過ごせるかどうかというポイントはとても重要になってきます。そのためには、壁や天井、床

続きを読む

栃木県北部に位置し、関東地方の最北部となるのが那須塩原市です。塩原渓谷や塩原温泉郷などがあり山々の自然豊かな北西部と、那珂川と箒川が流れ、ゆるやかな扇状地となる南東部で形成されます。東北新幹

続きを読む

家を建てる際に避けては通れないのが耐震等級。地震が起きた際に、建物がどのくらい耐えられるかということの指標になります。注文住宅において、耐震等級はどのくらいあれば安心して住めるのでしょうか。

続きを読む

注文住宅で悩むポイントの一つである「間取り」。間取りによって、家の住み心地や快適さが変化します。注文住宅は、間取りも自分たちで決められるので、失敗したくないと考えている方も多いのではないでし

続きを読む