注文住宅の間取りを考える際に意識するべきポイントとは?

公開日:2022/03/15  


注文住宅で悩むポイントの一つである「間取り」。間取りによって、家の住み心地や快適さが変化します。注文住宅は、間取りも自分たちで決められるので、失敗したくないと考えている方も多いのではないでしょうか。こちらの記事では、注文住宅の間取りを決める際の手順や、よくある失敗、間取り決めのポイントについて紹介します。

注文住宅の間取りを決めるまでの手順

注文住宅の間取りを決めるまでは、以下のような流れになります。

間取りの例を参考にして大まかにイメージを決める

いきなり家の間取りを決めてくださいといわれても、どのように決めたらよいのかわからないですよね。そのような場合は、まずはハウスメーカーが公表している間取りを参考にしてみましょう。

たとえば、ホームページ上や、折り込みチラシなどに掲載されている間取りは、一般的に人気のある間取りを採用しています。そのため、間取りをイメージするのに最適です。その中で、自分たちの家に取り入れたい間取りを、採用するとよいでしょう。

業者の提案を聞く

大まかにどのような間取りがよいかイメージができたら、業者にそれを伝えましょう。業者は要望を聞いたうえで、立地や敷地の広さなど、総合的に判断し、間取りを提案してくれます。間取りは複数の業者から提案を受けるのもおすすめです。

最終的な間取りを決定する

業者からの提案を受けたら、どの業者の、どの間取りにするのかを決定しましょう。どの業者に依頼するのか決まったら、さらに内容を詰めていきます。納得できるまで、担当者と最適な間取りをつくります。

注文住宅の間取りを決めでよくある失敗とは?

注文住宅を建てた後で、「間取りに失敗した!」と後悔する方も少なくありません。では、どのような点で失敗しやすいのか、こちらの章で説明します。

コンセントの位置

間取りでよくある失敗が、コンセントの位置。エアコンやテレビ、冷蔵庫など、生活で使用するものは、コンセントが必要なものも多いです。コンセントの位置を考えずに間取りを決めてしまうと、家電が使いづらくなる場合や、家具の配置まで思うようにできないことも。また、コンセントの数も重要になるので、コンセントの位置と数は、しっかりと考えて決めましょう。

音が響く

たとえば、トイレの位置を寝室の近くにした場合、寝室で就寝しているときに、家族がトイレに行くと、音が気になって起きてしまうこともあるかもしれません。また、子ども部屋とリビングが近いと、リビングの音で子どもが勉強に集中できないなどの問題が出てくる場合も。間取りを考える際には、家族の生活スタイルを考慮する必要があります。

においが広がってしまう

キッチンの間取りによっては、料理をしたときに、家中ににおいが広がってしまいます。においが伝わることが気になる場合は、換気扇の設備を性能のよいものにするか、においが広がりにくい間取りを検討しましょう。風通しなどに配慮した間取りもおすすめです。

注文住宅の間取りを考える際に意識するべきポイント

先ほどの章では、注文住宅の間取りを決める流れと、よくある失敗例について説明しました。最後に、注文住宅の間取りを考える際に意識するべきポイントについて説明します。

家具や家電の位置も考慮する

最終的に間取りを決定する際には、家具や家電を配置した時のことも考えておきましょう。新しく購入するにしても、以前から使用している家具にしても、サイズなどを事前に図っておくほうがよいでしょう。また、家電の配置によって、コンセントの位置も変わるので、実際に生活しているイメージをしながら、間取りを考えましょう。

家事の動線を考える

日々家事を行ってくれる家族のために、家事の動線を考慮し、間取りを考えていくことも重要です。たとえば、洗濯物を干す場所と、洗濯機の場所を近くにするなど、できるだけ効率よく家事がすすむような間取りを工夫しましょう。

採光を意識する

どのくらい日差しが入るのかは、間取りを決める際にも重要です。建物の立地条件、方角などを考えたうえで、窓や部屋の位置を決めていくとよいでしょう。どの間取りがどのくらい採光するのかは、素人では判断が難しい場合があります。業者の担当者としっかりと話し合う必要があります。もし、可能であれば、採光に詳しい専門家やスタッフに確認してもらったほうがよいでしょう。

 

注文住宅の間取りを決める際には、まずは、業者の間取りを参考にしながら、自分でイメージしてみましょう。さらに、複数の業者に間取りを提案してもらい、依頼する業者を決定します。業者がきまったら、担当者とよく話合い、最終的な間取りを決定します。間取りに後悔しないように、家具や家電の配置、コンセントの位置や数もしっかりと考えておきましょう。間取りに後悔しないように、こちらの記事をぜひ参考にしてくださいね。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

注文住宅には、フルオーダーとセミオーダーという注文方法があります。フルオーダーとセミオーダーは、費用も異なるため、まずは要望を書きだし、それを叶えることができる注文住宅がどちらなのか考える必

続きを読む

足利市の住環境 足利市は栃木県の南西部に位置しています。交通アクセスも良好であることから、栃木県で住むのに人気のエリアとなっています。 JRの他にも東武鉄道が通っているため電車でのアクセスは

続きを読む

内装のデザインの決め方が分からないという人のために注文住宅の内装デザインはどう決める?具体的な手順を大公開します!この記事を読めば、内装のデザインの決め方、内装のデザインを決める手順全てわか

続きを読む

注文住宅の費用は決して安くはないため、できるだけ建設コストを抑えたいと考える人は少なくないでしょう。そこで本記事では、注文住宅の費用内訳、注文住宅の建築コストを安く抑えるための方法、注文住宅

続きを読む

ガレージハウスは、クルマが好きな人にとって憧れの存在です。そんなクルマ好きが憧れるガレージハウスには、メリット・デメリットがあるのでしょうか? そこで今回は、ビルドインガレージのメリット・デ

続きを読む

近年、住宅の広告等で「長期優良住宅」という言葉を一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。長期優良住宅は高水準の性能に加え、一般的な住宅にはないさまざまなメリットがありますが、一

続きを読む

注文住宅で内装を選ぶと失敗しやすいというのは本当なのでしょうか。家を建てるうえで、その空間で住む人が快適に過ごせるかどうかというポイントはとても重要になってきます。そのためには、壁や天井、床

続きを読む

栃木県北部に位置し、関東地方の最北部となるのが那須塩原市です。塩原渓谷や塩原温泉郷などがあり山々の自然豊かな北西部と、那珂川と箒川が流れ、ゆるやかな扇状地となる南東部で形成されます。東北新幹

続きを読む

家を建てる際に避けては通れないのが耐震等級。地震が起きた際に、建物がどのくらい耐えられるかということの指標になります。注文住宅において、耐震等級はどのくらいあれば安心して住めるのでしょうか。

続きを読む

注文住宅で悩むポイントの一つである「間取り」。間取りによって、家の住み心地や快適さが変化します。注文住宅は、間取りも自分たちで決められるので、失敗したくないと考えている方も多いのではないでし

続きを読む