栃木県佐野市の住みやすさや魅力をご紹介

公開日:2023/11/22  

栃木県佐野市

は、北関東のど真ん中にあります。豊かな自然は環境もよく、子育て&シニア世代や女性のひとり暮らしでも安心して暮らせる治安のよさは、非常に魅力的でしょう。

車社会なので土日祝は渋滞しやすいのが難点ですが、周辺にはアウトレットやショッピングモールもあり、住むには申し分ありません。「移住支援金」もあるので、移住を考えている方にもおすすめです。

ここでは、佐野市が住みやすいといわれている理由や魅力を紹介します。

都内へアクセスしやすい住環境

佐野市は、栃木県の南西部に位置し、県内では5番目に人口が多い町です。北関東のど真ん中なので都内へのアクセスも容易で、比較的住みやすく感じるでしょう。

また自然が豊かなことから、とくに子育て世代やシニア世代に人気があります。

北関東のど真ん中

佐野市は、ちょうど北関東のど真ん中にある地域です。市内には4つのインターチェンジがあり、とくに都内への車移動は便利だといわれています。また車社会ということもあり、ほかのエリアへの移動も簡単です。

ちなみに、川口JCT~佐野藤岡ICまでは約35分、佐野田沼ICまでは約43分です。高速バスも運行しており、アクセス・交通で不便に感じることはありません。

一方で電車やバスの本数は少ないため、乗り遅れると次の時間までは1時間以上待つことになります。東京駅へも約75分かかることから、できればひとり1台はマイカーを持っていたほうが安心でしょう。

佐野にしかない食文化

佐野市といえば「佐野ラーメン」が有名です。しょうゆ味のシンプルなラーメンですが、佐野市のおいしい水で作られているため、クセがなく万人受けする味わいが多くの人の心を掴んでいます。「栃木に行ったら佐野ラーメン!」といっても過言ではないほど、広く食べられているご当地ラーメンです。

ほかにも、佐野市には「独自の食文化」があるといわれているほど、さまざまなご当地グルメが存在します。たとえば、いもフライや耳うどん、佐野黒から揚げなどが挙げられます。これらの料理は地元民以外からも愛されているほど有名なグルメです。

観光スポットが充実

観光スポットが多いのも、佐野市の魅力のひとつです。

紅葉が色づきはじめると、県内外から観光客が訪れる「金蔵院」は、紅葉で院内が埋め尽くされるように幻想的なスポットになります。とくにお地蔵様が並ぶ小路は一面が紅葉で彩られ、地面に落ちた紅葉がまるで絨毯のようです。

関東の三大師のひとつといわれている「佐野厄よけ大師」は、厄よけ祈願としてはもちろんのこと、初詣でも利用されており、周辺には人気の観光スポットも多数点在しています。

ほかにも、ハイキングが楽しめる「唐沢山城跡」や子どものための「佐野市こどもの国」、隠れ観光スポットとして知られている「宇津野洞窟」など、とにかくたくさんのスポットが存在します。

女性のひとり暮らしでも安心な住環境

魅力的な住環境において「治安」の良し悪しは欠かせません。佐野市は子育て&シニア世代に人気があることから、比較的治安は良い方だと言えるでしょう。

また駅周辺も人どおりが多いので、夜の帰宅でも安心です。

治安がいい

冒頭でも述べたとおり、治安はよいといわれています。駅周辺も整備されており、都心のように商業施設は少ないものの人どおりは多いので、夜遅くの帰宅でもそこまで心配する必要はないでしょう。とくに西口は学生も多く賑やかです。

ただ駅から少し離れると、街灯がなかったり、歩道が狭かったりと気をつけたほうがよいエリアも存在します。女性や学生の方は自転車を利用するなど工夫してみてください。

子育て&シニア世代に人気

子どもやお年寄りが安心して暮らせる環境は、治安がよいと叶えられません。佐野市は子育て&シニア世代に人気がありますから、治安もよく女性のひとり暮らしも安全です。

なかでも新興住宅地エリアは、介護や看護師を目指す女性が多く通っている「佐野短期大学」や女性専用アパートなども充実しています。また周辺にはアウトレットやイオンモールなども立地していますから、買い物にも困らないでしょう。

東武を利用すれば乗り換えなしで東京へ簡単にアクセスできるのも住みやすいポイントのひとつです。

駅周辺は人どおりが多い

駅前には都心のように商業施設や娯楽施設はありませんが、交通の便がよいことや大学があることから、人どおりは比較的多いほうです。

また駅から少し離れた場所にはアウトレットも存在します。アウトレット行のバスも走っており、アウトレット目当てで利用する方も少なくないでしょう。

こういった恵まれた周辺環境は、住みやすさや魅力にもつながっています。

子育て世代にうれしい環境

子育て支援&サポートが充実しているのも魅力のひとつです。アウトレットへ気軽にアクセスできることや駅前が整備されていることも生活するうえで欠かせませんが、子育て世代にとっては子どもが安心安全に生活でることも重要なポイントになります。

ここでは、佐野市の子育て支援&サポート、子どもが楽しめるエリアについて紹介します。

自然豊かで公園が多い

子どもが伸び伸びと暮らすためには、豊かな自然や公園が欠かせません。

佐野市には、実に多くの公園が点在しています。規模が小さい公園から多数の遊具を有している都市公園までさまざまなタイプの公園があり、家族で楽しめるアウトドア施設も存在します。なかでも都市公園は、ほかにはないめずらしい遊具がたくさんあります。

たとえば、富士町にある梅林公園は、渡り橋などアクティブな遊具が思いきり遊ぶのに最適ですし、毛呂山町には茂呂山公園といって急傾斜がスリル満点なフリーホール滑り台が主役級のインパクトを与えます。ミニ動物園の山の上にあり、見晴らしがよいのも気持ちがよいでしょう。また都市公園の遊具はどれも色がカラフルですから、目で見て楽しめるのも魅力です。

このように、あちこちに自然豊かな公園やアウトドア施設があるので、子育て世代に喜ばれるのも納得です。週末は子どもと一緒にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

支援・サポートが充実

学校の選択肢が多いことや中学3年生まで医療費無料など、支援&サポートも非常に充実しています。そのため、教育機関の数も保育施設から高校まで30か所以上、大学も駅の近くに1校存在します。なかでも保育施設は20か所以上もあるため、小さなお子さんがいる家庭にはとてもありがたいでしょう。

ほかにも、受験料全額補助や2人目以降の保育料無料などのサポートも導入しています。さらに3人目以降になると1人につき10万円が支給されます。

注文住宅を建てる際の補助金

幅広い世代が「住みやすい」と評価する佐野市は、将来的にも需要があります。そのため、移住を考えている方も少なくないでしょう。

そこで気になるのがマイホームを建てる場合の補助金や相場です。佐野市は、1坪あたりの平均価格が10~13万円といわれています。坪単価も年々下がっているので、家を建てるなら今が最適でといえます。

また移住者のための補助金も一部援助してくれるため、家づくりの負担を軽減できるのもメリットです。

まとめ

栃木県佐野市は、生活をするうえで欠かせない買い物環境や子育て世代にうれしい支援&サポートが充実しており、非常に住みやすい町です。都心のように、駅前に商業施設や娯楽施設はありませんが、少し足を伸ばすとアウトレットやショッピングモールなどがあるので不便に感じることもありません。

また教育機関や支援豊かなスポットも多数存在し、幅広い世代の方が安全に生活できるでしょう。移住先を考えている方や佐野市に興味がある方は、ぜひ検討してみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

栃木県のなかでも人口が2番目に多い小山市は、とくに子育て世代のママに人気があるといわれています。その理由は子育て支援が充実していること、自然豊かで公園が多いことなどが挙げられますが、理由はそ

続きを読む

は、北関東のど真ん中にあります。豊かな自然は環境もよく、子育て&シニア世代や女性のひとり暮らしでも安心して暮らせる治安のよさは、非常に魅力的でしょう。 車社会なので土日祝は渋滞しやすいのが難

続きを読む

栃木県栃木市は、県内でも有数の住みやすい街として人気があります。東京へのアクセスが良く、北関東内の移動もスムーズでありながら、教育環境が整っています。 住みたい田舎ランキングの第2位にも選出

続きを読む

足利市は栃木県にある都市で、利便性を高く保ちつつも自然が多い都市です。東京から近いということもあり、足利市への引越しを考えている人も多いのではないでしょうか。 全国的に有名な足利市とはいえ、

続きを読む

宇都宮市は栃木県の県庁所在地です、北関東でも有数の大きな都市ですので、移り住む人も少なくありません。全国的に有名な宇都宮市とはいえ、住んでいないと詳しい情報は知り得ないでしょう。 そこで本記

続きを読む

会社名:株式会社 丸和住宅 第一住宅事業部 住所:〒323-0820 栃木県小山市西城南2丁目13-18 電話番号:0120-766-447 株式会社第一住宅は栃木県にあるハウスメーカーです

続きを読む

会社名:サンワ設計株式会社 住所:〒306-0233 茨城県古河市西牛谷1099-1 電話番号:0120-315-301 サンワ設計株式会社 小山支店は、茨城県の古河市と小山市近郊で新築一戸

続きを読む

限られた土地のなかで十分なスペースを確保するために、4階建ての建物も都市部を中心に検討され始めています。土地の形状によっては、3階建てであっても十分なスペースが確保できないという声も多く、4

続きを読む

一戸建ての住宅を検討する際、階数について考えたことはあるでしょうか。1階だけの平屋から、2階建て住宅、3階建て住宅など、一戸建て住宅といっても、形状はさまざまですが、最もスタンダードなのは2

続きを読む

注文住宅で住まいを検討する際、建物を何階建てにするのかという点もポイントのひとつになります。最もスタンダードなものは2階建ての階層となりますが、3階建ての建物も家族構成やニーズに適しているた

続きを読む