注文住宅の内装選びは失敗しやすい?内装の決め方と注意点を理解しよう!

公開日:2022/04/15   最終更新日:2022/05/13

内装選び

注文住宅で内装を選ぶと失敗しやすいというのは本当なのでしょうか。家を建てるうえで、その空間で住む人が快適に過ごせるかどうかというポイントはとても重要になってきます。そのためには、壁や天井、床、など、全他のバランスを考えておかないと残念な内装になってしまうかもしれません。今回は内装の決め方や注意点について紹介します。

スタイルを決めて統一する

内装のスタイルは統一することをおすすめします。そうすることで、購入する家具やカーテンを合わせやすくなり、どこを見てもおしゃれな空間が広がるからです。何にでも合わせやすいナチュラルテイストな内装は、どんな人にも受けのよい空間になります。

また、和室を取り入れつつ住みやすい今風な家に仕上げる和モダンもよいでしょう。部屋のテイストをしっかり決めると、その他の設備やインテリアも決めやすくなっていきます。

部屋のテイストに合ったイメージを組み合わせる

北欧を意識した柔らかく淡い色合いの部屋にするのであれば、窓やドアのデザインも角がなく丸みを帯びた柔らかいものを選ぶと、雰囲気を損ないません。反対に、イメージが合っていないと一気に統一感が失われておしゃれではなくなってしまいます。

たとえば、モノトーンでシンプルにまとめようとしているのにキッチンだけパステルカラーを使いかわいらしい印象にしてしまうと、ミスマッチになって、どちらのよさも活かせなくなってしまいます。

希望をなるべく取り入れたいと思うのは当然のことですが、スタイルを決めておかないと内装がちぐはぐになり、見ていて気持ちのよいものではなくなってしまうことも考えられるでしょう。1つ基本となるテイストを確立させ、そこから外れないように他のものを組み合わせていきましょう。

色はなるべく限定する

家族で住む家となると、色もたくさん使いたくなると思います。しかし、みんなの希望を叶えようとすると目がチカチカする色合いになってしまうかもしれません。基本的に、内装に使う色は3色に留めるのが基本です。

その中で、どのカラーを主体にしていくかを決めてください。部屋全体のおよそ7割を占めるベースカラーは、部屋の印象を決定づける重要な役割を果たします。基本的には白やベージュといったなじみやすい色を選びます。

インテリアのメインになるカラーを決める

ベースカラーが決まったら、続いてインテリアのメインになるカラーを決めましょう。家具やカーテン、カーペットなどをこのメインカラーで統一すると、インテリアに凝らなくても一気に部屋がおしゃれに仕上がるのでおすすめです。メインカラーは、目になじみやすい緑や青、ネイビー、淡い黄色といったカラーが選ばれやすい傾向があります。

好きな色はアクセントカラーで

ベースカラーは7割、メインカラーは2割以上3割未満にして、残りはアクセントカラーを取り入れてみましょう。部屋に置く小物やお気に入りのアイテムにこの色を持ってくると、部屋全体の印象を引き締めてくれます。ここではビビットカラーを選ぶのもおすすめです。

素材の組み合わせ方を考えよう

内装に使われる素材をすべて統一するのもよいですが、単調で少し面白みに欠けてしまうかもしれません。空間も狭く感じられてしまいます。奥行や立体感を出すために、材質の組み合わせを工夫してみてください。内装に使用される素材は紙やプラスチック、革、布、金属などがあります。

たとえば、紙や布が多い部屋は柔らかい雰囲気になるうえ、人に安心感を与えることができます。小さな子どものいる家庭では、安全面を考慮して紙の素材を使うという人も多いでしょう。ただし、耐久性にはあまり優れていないため、剝がれてしまった場合は張替えなど対策が必要です。

窓枠に金属を取り入れると、部屋全体に高級感・重厚感が生まれ、威厳のある雰囲気を演出できます。同様に、ソファやラグなどを革素材のものにするとさらに高級な仕上がりになるといえます。

素材もバランスを考えることが重要

カラー同様、素材もバランスよく取り入れることが重要です。柔らかい印象を与える布や紙も、そればかり使ってしまうと全体的に締まりがない仕上がりになってしまいます。革や金属で高級感を出そうとし過ぎると、いかにも偉い人の部屋のような雰囲気になってしまい、住む方としては落ち着かないかもしれません。

程よく抜け感や締まりを出すために、それぞれの素材をうまく取り入れてください。こちらもベースになる素材とメインになる素材、アクセントになる素材を決めておくと、バランスの取れた内装が完成します。

 

注文住宅の内装の決め方について解説しました。内装は好みを取り入れることも大切ですが、全体のバランスを考えることも考慮しておきましょう。そして、部屋全体に統一感が生まれることで、おしゃれで快適な空間を作ることができます。スタイルを決め、使用するカラーや素材を選んで理想的なマイホームを完成させてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

注文住宅には、フルオーダーとセミオーダーという注文方法があります。フルオーダーとセミオーダーは、費用も異なるため、まずは要望を書きだし、それを叶えることができる注文住宅がどちらなのか考える必

続きを読む

足利市の住環境 足利市は栃木県の南西部に位置しています。交通アクセスも良好であることから、栃木県で住むのに人気のエリアとなっています。 JRの他にも東武鉄道が通っているため電車でのアクセスは

続きを読む

内装のデザインの決め方が分からないという人のために注文住宅の内装デザインはどう決める?具体的な手順を大公開します!この記事を読めば、内装のデザインの決め方、内装のデザインを決める手順全てわか

続きを読む

注文住宅の費用は決して安くはないため、できるだけ建設コストを抑えたいと考える人は少なくないでしょう。そこで本記事では、注文住宅の費用内訳、注文住宅の建築コストを安く抑えるための方法、注文住宅

続きを読む

ガレージハウスは、クルマが好きな人にとって憧れの存在です。そんなクルマ好きが憧れるガレージハウスには、メリット・デメリットがあるのでしょうか? そこで今回は、ビルドインガレージのメリット・デ

続きを読む

近年、住宅の広告等で「長期優良住宅」という言葉を一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。長期優良住宅は高水準の性能に加え、一般的な住宅にはないさまざまなメリットがありますが、一

続きを読む

注文住宅で内装を選ぶと失敗しやすいというのは本当なのでしょうか。家を建てるうえで、その空間で住む人が快適に過ごせるかどうかというポイントはとても重要になってきます。そのためには、壁や天井、床

続きを読む

栃木県北部に位置し、関東地方の最北部となるのが那須塩原市です。塩原渓谷や塩原温泉郷などがあり山々の自然豊かな北西部と、那珂川と箒川が流れ、ゆるやかな扇状地となる南東部で形成されます。東北新幹

続きを読む

家を建てる際に避けては通れないのが耐震等級。地震が起きた際に、建物がどのくらい耐えられるかということの指標になります。注文住宅において、耐震等級はどのくらいあれば安心して住めるのでしょうか。

続きを読む

注文住宅で悩むポイントの一つである「間取り」。間取りによって、家の住み心地や快適さが変化します。注文住宅は、間取りも自分たちで決められるので、失敗したくないと考えている方も多いのではないでし

続きを読む