栃木県小山市の住みやすさや魅力をご紹介

公開日:2023/11/22  

小山市

栃木県のなかでも人口が2番目に多い小山市は、とくに子育て世代のママに人気があるといわれています。その理由は子育て支援が充実していること、自然豊かで公園が多いことなどが挙げられますが、理由はそれだけではないようです。

そこで今回は、小山市が住みやすいといわれている理由と魅力についてまとめてみました。

周辺環境と住みやすさ

栃木県小山市は、関東大都市圏に含まれている地域です。人口は栃木県内で第2位を誇っており、宇都宮市に次いでの都市部になります。新幹線も止まるため、交通利便性も非常に高いでしょう。

そして、小山市といえば子育て世代に人気のある街としても知られています。どんなことも気軽に相談できる環境は、市外からの引越しに最適でしょう。

交通の便がよい

「とにかく交通の便がよい」といわれている小山市は、JR在来線が3路線乗り入れており、東京へのアクセスが容易です。池袋・新宿・渋谷へは乗り換えなしでアクセスできますから、若い世代が住んでもストレスになりにくいでしょう。

また新幹線を使うと東京まで42分で移動できます。バス停もあるので、駅から少し離れたエリアへもアクセスしやすいでしょう。

さらにベッドタウンとしてもおすすめなので、東京都内へ通勤する方も住みやすく感じます。車社会が発達している北関東のなかでは、ここまで交通の便がよいのはめずらしいかもしれません。

駅周辺に買い物環境が整っている

小山市の魅力は、交通利便性がよいだけではありません。駅周辺にはスーパーや飲食店などの施設も揃っており、買い物環境は十分といえます。

駅にはVAL(バル)という駅ビルもあるので、すべての買い物がそこで完結します。仕事で帰りが少し遅くなった場合でも、外食やテイクアウトができるので助かるでしょう。

またVALから屋内通路でつながったところには、ドン・キホーテやTSUTAYAなどが入っている「ロブレ」もあります。ここには子どもが遊べるキッズランドもあるので、ファミリー世帯も過ごしやすいでしょう。

観光スポットも充実

周辺環境や住みやすさに恵まれているだけでなく、観光スポットやお出かけスポットが充実しているのも魅力のひとつです。豊かな自然が多いエリアなので、温泉やリゾート地、神社などゆったりできる場所が多いでしょう。

なかでも、小山やすらぎの湯・思川温泉・いちごの里・須賀神社はおすすめの人気スポットです。美人の湯と呼ばれているアルカリ性の単純温泉や旬の食材にこだわった海鮮料理、スカイベリーやとちおとめのいちご狩りなど、子どもから大人まで楽しむことができます。

治安がいいので安心して暮らせる

小山市が住みやすいといわれる理由は「治安のよさ」も挙げられます。どれほど交通利便性がよく周辺環境に恵まれていても、治安が悪いと安心して生活できません。

「子育て世代のママに人気」といわれている小山市は、ほかのエリアに比べると安全性が高いのはたしかです。

駅周辺は人どおりが多い

治安がよいといわれる理由は、駅周辺が賑わっていることと高齢者や子育て支援が充実しているところになります。

一見すると駅周辺の賑わいは危険なイメージがありますが、夜遅い時間でも人どおりが多いので、静かなとおりに比べると安全性は高くなるでしょう。また駅周辺には大学もありますから、学生の姿もよく見かけます。

ただ、駅から少し離れるといっきに人どおりが少なくなります。徒歩10分以上のエリアは街灯も少なくなるため、防犯対策は必要不可欠です。自転車で帰宅したり、街灯が多い道を選んだり工夫してみてください。

物件を探す場合も、駅から徒歩10分以内のエリアがおすすめです。

高齢者にやさしい

同じ街で長く安心して生活するには、高齢者が住みやすいことも重要です。小山市は、日経グローカルの「シニアにやさしい街総合ランキング」で全国2位を獲得しているほど、高齢者にやさしい街として知られています。

こういったランキングに地方都市がランクインするのはめずらしいため、それくらい高齢者へのサポート体制が充実しているのでしょう。

高齢者への支援といってもさまざまですが、たとえば医療・介護・予防・社会参加などが挙げられます。実際、小山市には多数の介護施設があり、他県から引越してくる高齢者も少なくありません。

自然が豊かなのも住みやすい理由のひとつでしょう。

子育て世代に人気がある

子育て世代のママに人気のある街としても知られている小山市は、子どもやママへのサポートも充実しています。2013年には「子育て総合支援センター」も開設されたので、首都圏並みの手厚いサポートを受けることができるでしょう。

もちろん、公園の多さや交通利便性の高さも子育てのしやすさに大きく影響しています。

支援が充実している

「子育て総合支援センター」には、保育園や子どもの一時預かりや、相談などが可能です。

相談窓口は、子育ての相談以外にも相互援助にも対応しています。ママさん同士で交流できる場も設けているので、はじめての子育てで不安な方も安心して参加できるでしょう。

ほかにも、中学生までの医療費が無料になる「子ども医療費助成制度」や、市外から引越してきた方のための「住宅取得支援補助金」も受け取ることができます。新しい病院も増えており、医療が整備されているのも大きな特徴です。

病院や公共施設が多い

駅周辺には、病院や公共施設も立地しています。

まず病院は、駅から徒歩圏内に集まっており、2015年には「小山市民病院」が新しく設立されました。

診療科目が多いので、比較的どんな病気・症状でも診てくれますが、むずかしい場合は車で30分ほどのところに「自治医科大学附属病院」や「獨協医科大学病院」も存在します。どちらも子ども医療センターがあるので、万が一のときでも安心して診てもらえるでしょう。

ほかにも、内科・眼科・皮膚科・婦人科などクリニックも充実しています。

公共施設は、駅前の白鷗大学が有名です。キャンパスにはコンビニエンスストアもあり、一般人でも利用できるようになっています。小山市は大学以外にも公立保育所・私立保育園、小中一貫校の学校など教育機関も充実しており、進学しやすいのも魅力です。

自然や公園が多い

子育てに欠かせないのが豊かな自然や公園です。「小山市 公園」で調べてみると、実に多くの公園が存在しているかがわかります。

その数は、ざっと見ただけでも5件以上あります。規模が小さい公園から庭園が美しい公園、大きい滑り台がある公園までいろんな種類の公園があるので、週末は子どもといっしょに少し遠出して遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

なかでも最寄り駅からアクセスしやすい「駅東公園」は、SLが展示されていることでも有名です。遊具はそれほど多くありませんが、広場があるので子どもでも満足できます。

遊園地が大型ショッピングセンターに

「小山遊園地」の跡地にできたのが大型ショッピングセンターの「おやまゆうえんハーヴェストウォーク」です。広大な敷地にはスーパーや映画館だけでなく、医療機関も揃っています。さらに託児施設・英会話教室・音楽スクールなども入っているので、1日過ごしても飽きないでしょう。

遊園地の跡地ということで、ショッピングセンター内にはメリーゴーランドも設置されています。

まとめ

栃木県小山市は、ファミリー世帯からお年寄りまで、幅広い年代の方が安心して暮らせる地域です。また交通の便も非常によいので、東京都心へのアクセスも容易です。地方都市でも車を使わず気軽に都心部へ行けるのは、大きなメリットといえるでしょう。

そのうえ、駅周辺には商業施設や病院・クリニックが充実しています。遊園地の跡地には大型ショッピングセンターもあり、不便さは一切感じません。

栃木県への引越しを検討している方は、ぜひ小山市を検討してみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

栃木県のなかでも人口が2番目に多い小山市は、とくに子育て世代のママに人気があるといわれています。その理由は子育て支援が充実していること、自然豊かで公園が多いことなどが挙げられますが、理由はそ

続きを読む

は、北関東のど真ん中にあります。豊かな自然は環境もよく、子育て&シニア世代や女性のひとり暮らしでも安心して暮らせる治安のよさは、非常に魅力的でしょう。 車社会なので土日祝は渋滞しやすいのが難

続きを読む

栃木県栃木市は、県内でも有数の住みやすい街として人気があります。東京へのアクセスが良く、北関東内の移動もスムーズでありながら、教育環境が整っています。 住みたい田舎ランキングの第2位にも選出

続きを読む

足利市は栃木県にある都市で、利便性を高く保ちつつも自然が多い都市です。東京から近いということもあり、足利市への引越しを考えている人も多いのではないでしょうか。 全国的に有名な足利市とはいえ、

続きを読む

宇都宮市は栃木県の県庁所在地です、北関東でも有数の大きな都市ですので、移り住む人も少なくありません。全国的に有名な宇都宮市とはいえ、住んでいないと詳しい情報は知り得ないでしょう。 そこで本記

続きを読む

会社名:株式会社 丸和住宅 第一住宅事業部 住所:〒323-0820 栃木県小山市西城南2丁目13-18 電話番号:0120-766-447 株式会社第一住宅は栃木県にあるハウスメーカーです

続きを読む

会社名:サンワ設計株式会社 住所:〒306-0233 茨城県古河市西牛谷1099-1 電話番号:0120-315-301 サンワ設計株式会社 小山支店は、茨城県の古河市と小山市近郊で新築一戸

続きを読む

限られた土地のなかで十分なスペースを確保するために、4階建ての建物も都市部を中心に検討され始めています。土地の形状によっては、3階建てであっても十分なスペースが確保できないという声も多く、4

続きを読む

一戸建ての住宅を検討する際、階数について考えたことはあるでしょうか。1階だけの平屋から、2階建て住宅、3階建て住宅など、一戸建て住宅といっても、形状はさまざまですが、最もスタンダードなのは2

続きを読む

注文住宅で住まいを検討する際、建物を何階建てにするのかという点もポイントのひとつになります。最もスタンダードなものは2階建ての階層となりますが、3階建ての建物も家族構成やニーズに適しているた

続きを読む