注文住宅の外観を決める際に意識するべきポイントについて解説!

公開日:2022/03/15  


家の印象は外観で決まるといってもよいくらい、注文住宅の外観は重要な箇所です。しかし、見た目だけに重点を置いてしまうと、後悔することもあるでしょう。こちらの記事では、注文住宅の外観を決める際のポイントや、注意すべき点について紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

注文住宅の代表的な外観デザイン

まず、注文住宅の代表的な外観デザインについて説明します。一般的には、外観デザインは6つの種類にわけられます。

和風

日本に昔からある和風の外観のデザインです。瓦を使用した屋根や、引き戸の玄関など、昔ながらの日本の家が好きな方におススメのデザインです。

和風モダン

昔ながらの和風のデザインを、現代風にアレンジしたデザインとなります。和の要素を残しつつ、おしゃれな外観を希望している方に向いています。

洋風

欧米にある家をイメージしたデザインです。家の外壁などにタイルやレンガが使用されていたり、バルコニーやベランダなども正面の目立つ位置にあったりします。洋画に出てくるような、「The・洋風」の見た目の外観です。

洋風モダン

洋風の外観は凝ったデザインが多いですが、洋風モダンは凝った部分をなくし、シンプルなデザインになっています。洋風のテイストを残しながらも、見た目もシンプルですっきりとしたイメージです。

シンプルモダン

名前のとおり、現代的でシンプルなデザインです。斬新なデザインが多いのも特徴で、その家に住む方の好みによって、外観も変わります。

その他

山小屋のようなデザインや、北欧風のデザイン、カリフォルニアスタイル、ニューヨークスタイルなど、和風・洋風・モダンに当てはまらない、さまざまな外観のデザインがあります。

注文住宅の外観を決める際に意識するべきポイント

先ほどの章で挙げたように、注文住宅の外観のデザインはさまざまあるでしょう。

では、実際にはどのように外観を決めたらよいのでしょうか。続いては、注文住宅を決める際に意識するべきポイントについて説明します。

外観のイメージを決める

まずは、自分がどのような外観にしたいのか、イメージを決めることが大切です。外観のデザインによって、家の間取りや設備も変わります。家の中のイメージも含めて、どのような外観にするのかデザインを決めましょう。

形・色・素材

注文住宅の外観は、形・色・素材が重要とされています。

・かたち
住宅のかたちは、外観も含めて、家のイメージを決める大切な要素です。デザインを重視したくなりがちですが、デザインだけを優先するのはあまりおすすめしません。たとえば、家のかたちによっては、日当たりが悪くなったり、雨漏りがしやすくなったりと、問題点も出てくることもあり、注意が必要です。

・色
色も、かたちと同様に、住宅のイメージを決定する大切なものです。色を確認する際には、小さな面積のサンプルが多いですが、それでは、家の外観のイメージは難しいでしょう。また、小さい面積と、大きな面積では、想像しているイメージと変わってしまうこともあるので、よく確認することが大切です。

・素材
外壁の素材は、タイルやモルタル、サイディング、ガルバリウム、ALCなどがあります。それぞれ特徴があり、使用する素材で耐久性も変わります。また、素材によって、高級感を与えたり、逆にシンプルなイメージを与えたりするので、家の外観をどのようなイメージにしたいかによっても、素材を選択するのもよいでしょう。

注文住宅の外観を決める際の注意点

これまでの章では、外観のデザインの種類や意識するべきポイントについて説明しました。最後に、外観を決める際の注意点について、お伝えします。

外観のイメージはできるだけ詳細に伝える

自分の思っているイメージを相手に正確に伝えるのは、難しいことです。イメージをしっかりと伝えたいときには、イメージと同じような写真などを用意しましょう。写真を使用することで、自分のイメージを担当者にしっかりと伝えることができます。

周囲の環境の確認

外観を決める際には、家が建つ場所の周囲の環境も考えることが大切です。たとえば、素材については、日当たりがよい場所ならば、耐久性の高い素材を使用することも検討したほうがよいでしょう。

また、周囲の家がシックな色味の外観が多い住宅街であれば、外壁に派手な色を使用すると、目立ってしまうこともあります。周りに馴染む外観がよければ、周りの家がどのような家か、事前にチェックしておくのもよいでしょう。

 

住宅の外観のデザインには、和風や洋風、モダンなど、大きく6種類があります。自分の好みのデザインで決めるのもよいですが、家の内装や設備なども考慮してから、外観を決めることが大切です。また、「外観のイメージは写真などを使用して具体的に伝える」「周囲の環境を確認する」などに注意しながら、外観を決めるのがおすすめです。自分がどのような家に住みたいのか、総合的に考えて外観を選びましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

注文住宅には、フルオーダーとセミオーダーという注文方法があります。フルオーダーとセミオーダーは、費用も異なるため、まずは要望を書きだし、それを叶えることができる注文住宅がどちらなのか考える必

続きを読む

足利市の住環境 足利市は栃木県の南西部に位置しています。交通アクセスも良好であることから、栃木県で住むのに人気のエリアとなっています。 JRの他にも東武鉄道が通っているため電車でのアクセスは

続きを読む

内装のデザインの決め方が分からないという人のために注文住宅の内装デザインはどう決める?具体的な手順を大公開します!この記事を読めば、内装のデザインの決め方、内装のデザインを決める手順全てわか

続きを読む

注文住宅の費用は決して安くはないため、できるだけ建設コストを抑えたいと考える人は少なくないでしょう。そこで本記事では、注文住宅の費用内訳、注文住宅の建築コストを安く抑えるための方法、注文住宅

続きを読む

ガレージハウスは、クルマが好きな人にとって憧れの存在です。そんなクルマ好きが憧れるガレージハウスには、メリット・デメリットがあるのでしょうか? そこで今回は、ビルドインガレージのメリット・デ

続きを読む

近年、住宅の広告等で「長期優良住宅」という言葉を一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。長期優良住宅は高水準の性能に加え、一般的な住宅にはないさまざまなメリットがありますが、一

続きを読む

注文住宅で内装を選ぶと失敗しやすいというのは本当なのでしょうか。家を建てるうえで、その空間で住む人が快適に過ごせるかどうかというポイントはとても重要になってきます。そのためには、壁や天井、床

続きを読む

栃木県北部に位置し、関東地方の最北部となるのが那須塩原市です。塩原渓谷や塩原温泉郷などがあり山々の自然豊かな北西部と、那珂川と箒川が流れ、ゆるやかな扇状地となる南東部で形成されます。東北新幹

続きを読む

家を建てる際に避けては通れないのが耐震等級。地震が起きた際に、建物がどのくらい耐えられるかということの指標になります。注文住宅において、耐震等級はどのくらいあれば安心して住めるのでしょうか。

続きを読む

注文住宅で悩むポイントの一つである「間取り」。間取りによって、家の住み心地や快適さが変化します。注文住宅は、間取りも自分たちで決められるので、失敗したくないと考えている方も多いのではないでし

続きを読む