注文住宅で絶対に悩む収納問題!収納に必要な広さと注意点は?

公開日:2022/02/01   最終更新日:2022/02/07

新築の注文住宅において、収納スペースの確保は重要ですよね。しかし、「実際にどの程度の広さが必要なの?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は注文住宅に必要な収納の広さの目安やスペースを作る際の注意点、人気のある収納の種類についてご紹介していきます。収納問題にお困りの方は、ぜひ最後までご一読ください!

注文住宅に必要な収納の広さは?

新築の注文住宅には、実際にどのくらいの広さの収納が必要なのでしょうか一般的な一戸建て住宅の場合、収納率が13%程度あれば充分といわれています

収納率とは、住宅の総面積に対する収納スペースの割合のことを指し、その数値は「収納面積÷総面積×100」で計算することが可能です。しかし、13%というのはあくまで一般的な数値であるため、自分の住宅に合わせた収納量を考えることが大切です。

人気のある収納ってどんな収納?

ここでは、居室スペースを考慮しながらも使いやすくてしまいやすい、注文住宅で人気の高い収納についてご紹介していきます。

リビング収納

リビングでは、居室スペースを確保しながらインテリア等の配置を優先することが多いため、収納を見落としがちな傾向にあります。

しかし、収納がなければ文房具や小物は床やテーブルに置くことになるため、物が散乱して見た目もごちゃごちゃしてしまいます。しかし、飾り棚や引き出しなどに収納を造作することで、小さな容量であっても小物を収容できるスペースを確保できます。

ファミリークローゼット

家族全員の衣類を1つの場所にまとめて収納できるファミリークローゼットの人気も高まっています。家族構成や衣服の数によって多少検討が必要ですが、一般的には3帖以上の広さを目安にすることが多いといわれています。

ファミリークローゼットは導線を意識して配置場所を決めることで、より効果的に使用できるため、導入する際には家族にとって一番使いやすい導線上に配置することを考えておくとよいでしょう。

パントリー

パントリーは、調理道具や家電が多く、キッチンスペースをすっきりさせたいという方に人気の収納です。調理道具や食材のストックのみならず、場合によっては冷蔵庫や食器棚もパントリー内に配置することも可能です。また、家事導線を考慮し、勝手口をパントリー内に設ける間取りも人気が高いためおすすめです。

玄関収納

靴をたくさん所持している場合や、室内に持ち運びづらいスポーツ用具などがある場合には玄関収納が役立ちます。12帖程度あれば靴や傘に加え、ベビーカーが収納可能であり、3帖以上であれば自転車を収納することもできます。

収納スペースをつくる際の注意点

収納に必要な広さを確保する際には、いくつか意識しておきたいポイントがあります。最後に、収納スペースをつくる際の注意点についてご紹介していきます。

収納タイプの特徴を把握しておく

収納スペースには、主にウォークインクローゼットや納戸のような「部屋タイプ」の収納と、壁面に収納するような「棚タイプ」の収納の2種類があります。

「部屋タイプ」の収納は、大きな荷物の収納や着替えスペースとして活用できますが、物が増えやすく出し入れが面倒といったデメリットがあります。一方、「棚タイプ」の収納は、一目見渡すだけでどこに物があるのかすぐに把握できますが、圧迫感を感じてしまうことがあります。

収納タイプによって向き不向きがそれぞれ異なるため、しっかりと特徴を把握して収納計画を立てるようにしましょう。

必要な量の収納スペースを考える

収納の容量のみ重視してしまうと、居室スペースが減ってしまうだけでなく、建築面積もどんどん大きくなってしまいます。そのため、1度自分の持ち物を見直し、本当に必要なもの以外は思い切って捨てる決断をすることも大切です。

長く生活をしていく上で、今後持ち物が増えていくことは避けられないため、家族にとって必要な収納量を考えてから収納計画を立てることをおすすめします。

収納のバランスを考慮する

収納には大きく分けて、ものを隠すタイプの収納と見せるタイプの収納の2種類があります。隠すタイプの収納では、大きな容量の収納を可能にするだけでなく、生活感をなくすことができます。

一方、見せるタイプの収納では、ものの出し入れがしやすく、ディスプレイとしても楽しむことができます。すぐにものが出し入れできる見せるタイプの収納に偏ってしまいがちですが、オープンな収納ばかりではかえって散らかったように見えてしまうため、隠すタイプの収納と上手くバランスを考える必要があります。

見せるものと隠すものをしっかりと分け、その部屋に適切な収納タイプを判断するようにしましょう。

 

この記事では、注文住宅に必要な収納の広さ、人気の収納、スペースを確保する際の注意点について一挙にご紹介していきました。収納計画を立てる際には、必要なものの量やどこで使用するのかをしっかりと把握しておくことが大切です。

収納量は建物の広さや持ち物のタイプなどによってそれぞれ異なるため、ぜひこの記事を参考に部屋の広さに応じた最適な収容量を見つけてみてください!

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

注文住宅には、フルオーダーとセミオーダーという注文方法があります。フルオーダーとセミオーダーは、費用も異なるため、まずは要望を書きだし、それを叶えることができる注文住宅がどちらなのか考える必

続きを読む

足利市の住環境 足利市は栃木県の南西部に位置しています。交通アクセスも良好であることから、栃木県で住むのに人気のエリアとなっています。 JRの他にも東武鉄道が通っているため電車でのアクセスは

続きを読む

内装のデザインの決め方が分からないという人のために注文住宅の内装デザインはどう決める?具体的な手順を大公開します!この記事を読めば、内装のデザインの決め方、内装のデザインを決める手順全てわか

続きを読む

注文住宅の費用は決して安くはないため、できるだけ建設コストを抑えたいと考える人は少なくないでしょう。そこで本記事では、注文住宅の費用内訳、注文住宅の建築コストを安く抑えるための方法、注文住宅

続きを読む

ガレージハウスは、クルマが好きな人にとって憧れの存在です。そんなクルマ好きが憧れるガレージハウスには、メリット・デメリットがあるのでしょうか? そこで今回は、ビルドインガレージのメリット・デ

続きを読む

近年、住宅の広告等で「長期優良住宅」という言葉を一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。長期優良住宅は高水準の性能に加え、一般的な住宅にはないさまざまなメリットがありますが、一

続きを読む

注文住宅で内装を選ぶと失敗しやすいというのは本当なのでしょうか。家を建てるうえで、その空間で住む人が快適に過ごせるかどうかというポイントはとても重要になってきます。そのためには、壁や天井、床

続きを読む

栃木県北部に位置し、関東地方の最北部となるのが那須塩原市です。塩原渓谷や塩原温泉郷などがあり山々の自然豊かな北西部と、那珂川と箒川が流れ、ゆるやかな扇状地となる南東部で形成されます。東北新幹

続きを読む

家を建てる際に避けては通れないのが耐震等級。地震が起きた際に、建物がどのくらい耐えられるかということの指標になります。注文住宅において、耐震等級はどのくらいあれば安心して住めるのでしょうか。

続きを読む

注文住宅で悩むポイントの一つである「間取り」。間取りによって、家の住み心地や快適さが変化します。注文住宅は、間取りも自分たちで決められるので、失敗したくないと考えている方も多いのではないでし

続きを読む