注文住宅で絶対に悩む収納問題!収納に必要な広さと注意点は?

公開日:2022/02/01   最終更新日:2022/02/07

新築の注文住宅において、収納スペースの確保は重要ですよね。しかし、「実際にどの程度の広さが必要なの?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は注文住宅に必要な収納の広さの目安やスペースを作る際の注意点、人気のある収納の種類についてご紹介していきます。収納問題にお困りの方は、ぜひ最後までご一読ください!

注文住宅に必要な収納の広さは?

新築の注文住宅には、実際にどのくらいの広さの収納が必要なのでしょうか一般的な一戸建て住宅の場合、収納率が13%程度あれば充分といわれています

収納率とは、住宅の総面積に対する収納スペースの割合のことを指し、その数値は「収納面積÷総面積×100」で計算することが可能です。しかし、13%というのはあくまで一般的な数値であるため、自分の住宅に合わせた収納量を考えることが大切です。

人気のある収納ってどんな収納?

ここでは、居室スペースを考慮しながらも使いやすくてしまいやすい、注文住宅で人気の高い収納についてご紹介していきます。

リビング収納

リビングでは、居室スペースを確保しながらインテリア等の配置を優先することが多いため、収納を見落としがちな傾向にあります。

しかし、収納がなければ文房具や小物は床やテーブルに置くことになるため、物が散乱して見た目もごちゃごちゃしてしまいます。しかし、飾り棚や引き出しなどに収納を造作することで、小さな容量であっても小物を収容できるスペースを確保できます。

ファミリークローゼット

家族全員の衣類を1つの場所にまとめて収納できるファミリークローゼットの人気も高まっています。家族構成や衣服の数によって多少検討が必要ですが、一般的には3帖以上の広さを目安にすることが多いといわれています。

ファミリークローゼットは導線を意識して配置場所を決めることで、より効果的に使用できるため、導入する際には家族にとって一番使いやすい導線上に配置することを考えておくとよいでしょう。

パントリー

パントリーは、調理道具や家電が多く、キッチンスペースをすっきりさせたいという方に人気の収納です。調理道具や食材のストックのみならず、場合によっては冷蔵庫や食器棚もパントリー内に配置することも可能です。また、家事導線を考慮し、勝手口をパントリー内に設ける間取りも人気が高いためおすすめです。

玄関収納

靴をたくさん所持している場合や、室内に持ち運びづらいスポーツ用具などがある場合には玄関収納が役立ちます。12帖程度あれば靴や傘に加え、ベビーカーが収納可能であり、3帖以上であれば自転車を収納することもできます。

収納スペースをつくる際の注意点

収納に必要な広さを確保する際には、いくつか意識しておきたいポイントがあります。最後に、収納スペースをつくる際の注意点についてご紹介していきます。

収納タイプの特徴を把握しておく

収納スペースには、主にウォークインクローゼットや納戸のような「部屋タイプ」の収納と、壁面に収納するような「棚タイプ」の収納の2種類があります。

「部屋タイプ」の収納は、大きな荷物の収納や着替えスペースとして活用できますが、物が増えやすく出し入れが面倒といったデメリットがあります。一方、「棚タイプ」の収納は、一目見渡すだけでどこに物があるのかすぐに把握できますが、圧迫感を感じてしまうことがあります。

収納タイプによって向き不向きがそれぞれ異なるため、しっかりと特徴を把握して収納計画を立てるようにしましょう。

必要な量の収納スペースを考える

収納の容量のみ重視してしまうと、居室スペースが減ってしまうだけでなく、建築面積もどんどん大きくなってしまいます。そのため、1度自分の持ち物を見直し、本当に必要なもの以外は思い切って捨てる決断をすることも大切です。

長く生活をしていく上で、今後持ち物が増えていくことは避けられないため、家族にとって必要な収納量を考えてから収納計画を立てることをおすすめします。

収納のバランスを考慮する

収納には大きく分けて、ものを隠すタイプの収納と見せるタイプの収納の2種類があります。隠すタイプの収納では、大きな容量の収納を可能にするだけでなく、生活感をなくすことができます。

一方、見せるタイプの収納では、ものの出し入れがしやすく、ディスプレイとしても楽しむことができます。すぐにものが出し入れできる見せるタイプの収納に偏ってしまいがちですが、オープンな収納ばかりではかえって散らかったように見えてしまうため、隠すタイプの収納と上手くバランスを考える必要があります。

見せるものと隠すものをしっかりと分け、その部屋に適切な収納タイプを判断するようにしましょう。

 

この記事では、注文住宅に必要な収納の広さ、人気の収納、スペースを確保する際の注意点について一挙にご紹介していきました。収納計画を立てる際には、必要なものの量やどこで使用するのかをしっかりと把握しておくことが大切です。

収納量は建物の広さや持ち物のタイプなどによってそれぞれ異なるため、ぜひこの記事を参考に部屋の広さに応じた最適な収容量を見つけてみてください!

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

栃木県のなかでも人口が2番目に多い小山市は、とくに子育て世代のママに人気があるといわれています。その理由は子育て支援が充実していること、自然豊かで公園が多いことなどが挙げられますが、理由はそ

続きを読む

は、北関東のど真ん中にあります。豊かな自然は環境もよく、子育て&シニア世代や女性のひとり暮らしでも安心して暮らせる治安のよさは、非常に魅力的でしょう。 車社会なので土日祝は渋滞しやすいのが難

続きを読む

栃木県栃木市は、県内でも有数の住みやすい街として人気があります。東京へのアクセスが良く、北関東内の移動もスムーズでありながら、教育環境が整っています。 住みたい田舎ランキングの第2位にも選出

続きを読む

足利市は栃木県にある都市で、利便性を高く保ちつつも自然が多い都市です。東京から近いということもあり、足利市への引越しを考えている人も多いのではないでしょうか。 全国的に有名な足利市とはいえ、

続きを読む

宇都宮市は栃木県の県庁所在地です、北関東でも有数の大きな都市ですので、移り住む人も少なくありません。全国的に有名な宇都宮市とはいえ、住んでいないと詳しい情報は知り得ないでしょう。 そこで本記

続きを読む

会社名:株式会社 丸和住宅 第一住宅事業部 住所:〒323-0820 栃木県小山市西城南2丁目13-18 電話番号:0120-766-447 株式会社第一住宅は栃木県にあるハウスメーカーです

続きを読む

会社名:サンワ設計株式会社 住所:〒306-0233 茨城県古河市西牛谷1099-1 電話番号:0120-315-301 サンワ設計株式会社 小山支店は、茨城県の古河市と小山市近郊で新築一戸

続きを読む

限られた土地のなかで十分なスペースを確保するために、4階建ての建物も都市部を中心に検討され始めています。土地の形状によっては、3階建てであっても十分なスペースが確保できないという声も多く、4

続きを読む

一戸建ての住宅を検討する際、階数について考えたことはあるでしょうか。1階だけの平屋から、2階建て住宅、3階建て住宅など、一戸建て住宅といっても、形状はさまざまですが、最もスタンダードなのは2

続きを読む

注文住宅で住まいを検討する際、建物を何階建てにするのかという点もポイントのひとつになります。最もスタンダードなものは2階建ての階層となりますが、3階建ての建物も家族構成やニーズに適しているた

続きを読む