ZEH仕様の注文住宅はエコ?ZEH住宅のメリットや栃木県の支援制度をチェック!

公開日:2022/02/01   最終更新日:2022/02/07

SDGsの影響により、個人での省エネの取り組み意識が高まる中、高い省エネ性能を誇る「ZEH住宅」が注目を集めています。そこで、この記事ではZEH住宅の特徴、メリットをお伝えすると共に、ZEHの補助金を受ける際の注意点や栃木県の支援制度についてもご紹介していきます。「栃木県でZEH住宅を建てたい!」という方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

ZEH住宅とは

ZEH(ゼッチ)住宅とは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称であり、一言でいうと「消費エネルギー≦エネルギー創出」となる省エネ性能に優れた住宅のことを指します。

厳密にいうと、「住宅の断熱性能等を向上させるとともに、高効率の設備を導入して大幅な省エネルギー性を実現した上で、再生可能エネルギーを導入し、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロにすることを目指した住宅」のことです。

経済産業省では、2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建て住宅の半数以上で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指すという政府目的達成に向け、課題や対応策をまとめた「ZEHロードマップ」を策定し、これに基づき普及に向けた取り組みを行っています。

ZEH住宅のメリット

省エネ性能の高いZEH住宅に住むことによって、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

光熱費を節約できる

ZEH住宅は一般的な住宅と比べると、「高断熱」「省エネ」「創エネ」の面で優れており、断熱性能をはじめとする高い住宅性能と高効率の設備を活用することによって、月々の光熱費を最小限に抑えることができます。さらに太陽光発電システムによって、自宅で電気を創り出すことができるため、売電を行って収入を得ることもできます。

健康・快適性に優れている

断熱性に優れたZEH住宅は、熱を外に逃がしにくく、室内の温度を一定に保ちやすいという特徴があります。そのため、「夏は涼しく、冬は暖かい」といったように1年を通して快適に生活を送ることが可能です。

また、冬は効率的に室内全体を隅々まで暖められるため、急激な温度変化によって起こるヒートショックによる心筋梗塞などの事故を未然に防ぐことができます。

停電の際にも電力を使用できる

耐風や地震などの自然災害が発生した際に、その影響によって停電が発生してしまうことがあります。ZEH住宅では太陽光発電システムや蓄電池を活用することにより、停電時でも非常用コンセントから発電した電気を使用できるため、非常時の際でも安心して生活できます。

しかし、蓄電池がないもしくは使用できない場合には、自家発電した電気を蓄電池に溜めることができないため、太陽光が届かない夜間は発電を行うことができないので注意しましょう。

ZEH住宅は補助金の対象になる?

ZEH住宅を建てる際には、環境省・国土交通省・経済産業省が連携する「ZEH支援事業」から、補助金を受け取ることができます。補助金制度の基準や対象者、金額などについては年度ごとに変更されるため、逐一確認するようにしましょう。

ただし、登録されたハウスメーカー・工務店(ZEHビルダー)や、建築事務所など(ZEHプランナー)を利用してZEH住宅を建てなければ、補助金を受け取ることができないため注意が必要です。

ZEHビルダー/ZEHプランナーとは、「ZEHロードマップ」に基づくZEHの定義を満たしている業者のことを指します。認定を受けたZEHビルダー/ZEHプランナーについては、「一般社団法人環境共創イニシアチブ」の公式ホームページから確認することが可能です。

栃木県の支援制度も確認してみよう

栃木県では個人住宅に向けて、補助金等を配布する独自の支援制度を実施しており、栃木でZEH住宅を建てる際にはこの制度も活用することが可能です。

「とちぎ材の家づくり支援事業」では、県内において自ら居住するために補助条件を満たす新築住宅を新築する際に、建築主に最大で50万円を補償します。住宅に使用する県産木材の使用量によって、1040万円の補助金を受け取ることが可能であり、これに加えて以下の要件を満たすことによって10万円がプラスで上乗せされます。

・県産石材(大谷石・芦野石・深岩石)を内装材等に5m²以上使用する

・県産漆食を内装材等に40m²以上使用する

・伝統工芸品(鹿沼組子・日光彫)を内装材等に2m²以上使用する

なお、こちらは県内に本店(本社)を有する建設業許可業者で施工を依頼した場合でなければ、補預金を受け取ることができないため注意しておきましょう。詳細については栃木県の公式ホームページにて記載されているため、興味のある方はぜひそちらもご確認ください。

 

ここでは、ZEH仕様の住宅の特徴、住むことで得られるメリット、ZEH住宅に活用できる補助金や栃木県の支援制度についてご紹介しました。ZEH住宅を建てることによって、月々の光熱費を抑えて快適に過ごすことができるなどさまざまなメリットを得ることが可能です。

また、栃木県でZEH住宅を建てる際には、県独自の支援制度も活用できるため、ぜひそちらの制度についても忘れずにチェックしてみてください!

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

注文住宅には、フルオーダーとセミオーダーという注文方法があります。フルオーダーとセミオーダーは、費用も異なるため、まずは要望を書きだし、それを叶えることができる注文住宅がどちらなのか考える必

続きを読む

足利市の住環境 足利市は栃木県の南西部に位置しています。交通アクセスも良好であることから、栃木県で住むのに人気のエリアとなっています。 JRの他にも東武鉄道が通っているため電車でのアクセスは

続きを読む

内装のデザインの決め方が分からないという人のために注文住宅の内装デザインはどう決める?具体的な手順を大公開します!この記事を読めば、内装のデザインの決め方、内装のデザインを決める手順全てわか

続きを読む

注文住宅の費用は決して安くはないため、できるだけ建設コストを抑えたいと考える人は少なくないでしょう。そこで本記事では、注文住宅の費用内訳、注文住宅の建築コストを安く抑えるための方法、注文住宅

続きを読む

ガレージハウスは、クルマが好きな人にとって憧れの存在です。そんなクルマ好きが憧れるガレージハウスには、メリット・デメリットがあるのでしょうか? そこで今回は、ビルドインガレージのメリット・デ

続きを読む

近年、住宅の広告等で「長期優良住宅」という言葉を一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。長期優良住宅は高水準の性能に加え、一般的な住宅にはないさまざまなメリットがありますが、一

続きを読む

注文住宅で内装を選ぶと失敗しやすいというのは本当なのでしょうか。家を建てるうえで、その空間で住む人が快適に過ごせるかどうかというポイントはとても重要になってきます。そのためには、壁や天井、床

続きを読む

栃木県北部に位置し、関東地方の最北部となるのが那須塩原市です。塩原渓谷や塩原温泉郷などがあり山々の自然豊かな北西部と、那珂川と箒川が流れ、ゆるやかな扇状地となる南東部で形成されます。東北新幹

続きを読む

家を建てる際に避けては通れないのが耐震等級。地震が起きた際に、建物がどのくらい耐えられるかということの指標になります。注文住宅において、耐震等級はどのくらいあれば安心して住めるのでしょうか。

続きを読む

注文住宅で悩むポイントの一つである「間取り」。間取りによって、家の住み心地や快適さが変化します。注文住宅は、間取りも自分たちで決められるので、失敗したくないと考えている方も多いのではないでし

続きを読む