株式会社小堀建設の口コミや評判

公開日:2022/01/15   最終更新日:2022/01/25

株式会社小堀建設
住所:(矢板本社)〒329-2161 栃木県矢板市扇町2丁目6番32号
TEL:0287-43-3644 

地元密着でオンリーワンの家を建てることをモットーに、「小堀建設」は1972年に矢坂市で創業して以来、5,000棟以上を手掛けてきました。パッシブデザインやハイブリッド工法など、新しい取り組みにも積極的なところが特徴で、高い省エネ性や耐震性を実現しています。まずは聞き慣れないであろうパッシブデザインから見ていきましょう。

パッシブデザインの家を提供

小堀建設の家は「パッシブデザイン」という考え方で造られています。これは家造りに光や風などの自然エネルギーを活かすことで、エアコンなどに頼らなくても快適な家を目指す設計手法のこと。

具体的には通風を意識して間取りを決めたり、部屋の隅まで日光が届くように窓の配置を考えたりすることをいいます。パッシブデザインを用いることで、家が持つ断熱性や気密性がより発揮されることになるでしょう。

用意されている2つの断熱仕様

コンフォートとプレミアム2種類の断熱仕様を小堀建設は用意しています。コンフォートで用いられているのは、適材適所に配された断熱材と樹脂サッシとLow-E複層ガラス。結果、国の基準を大きく上回る、0.46というUA値を達成することになりました。

またプレミアムで用いられているのは、コンフォートの仕様をボリュームアップすることに加えて、フェノールフォームと呼ばれる外壁用断熱材。ダブル断熱とすることで、0.34というUA値をクリアするまでになっています。ちなみにこの値は厳しい寒さで知られる北海道・夕張市において、次世代省エネ住宅基準に適合するほどの値です。

ZEHも可能にするパッシブデザイン

パッシブデザインの採用で実現された省エネ性なら、近年話題のZEHも可能にします。小堀建設が手掛ける標準仕様の家に、太陽光発電システムや蓄電池、HEMSといった機器を追加することで、購入するエネルギーがゼロというZEHが実現するのです。発電効率が高い夏場は作った電力を売ることで、ちょっとした副収入を得ることも期待できそうです。

耐震や防音に優れた家づくり

耐震性や防音性を高めるために、従来の木造軸組構法にプラスαした、ハイブリッド工法を採用しているのが小堀建設です。建てる家すべてで耐震等級3をクリアしていますし、防音性はピアノ教室の先生からお墨付きを得るほどです。

地震やシロアリに強いベタ基礎

建物の立ち上がりだけにコンクリートを打設する布基礎ではなく、家が建っている箇所すべてに打設するベタ基礎で家を建てています。面で家を支えますから地震に強いだけでなく、住宅の重みを分散させることで不同沈下を起こしにくい、地面の湿気が伝わりにくいのでシロアリの害が起きにくいなどのメリットがあるのです。

剛床と耐力壁を採用

床には根太ではなくぶ厚い合板を用いる剛床工法を、壁には耐力面材をそれぞれ用いることで、木造軸組構法をさらに強化しています。柱や梁だけではなく剛床・耐力面材でも支えますから、地震に強いことに加えて高い気密性も実現しているのです。

また梁を格子状に組む合床工法は、2階からの防音性にも優れるのも特徴です。振動を抑えることができますから、上の階の足音に悩まされることもないでしょう。

2階の音を防ぐ4層構造

剛床工法に加えて2階の遮音性を高めているのは、遮音4層構造です。1階の天井と2階のフローリングの間には構造用の合板だけでなく、シージングボード、硬質石膏ボード、吸音材ロックウール、強化石膏ボードが入っています。

ポイントになるのは硬質と強化という2種類の石膏ボードが入るところ。軽い物を落とした時に起こりがちな高音と、足音などの低音をそれぞれ吸収・遮断する造りとなっているのです。

トイレの壁にも心づかい

近年増えているのが、廊下を減らした間取りです。リビングの壁一枚向こうがトイレということも珍しくありません。すると響いてしまうのがトイレの音、来客時はもちろん家族でもトイレの音を聞かされるのは、あまり気分のよいものではありません。

小堀建設ではたとえばトイレとリビングをさえぎる壁に断熱材を施工することで、防音性を向上させています。住む人の立場で家を考えることができるからこその、心づかいということができるでしょう。

安心のアフターメンテナンス

地元密着を掲げる小堀建設は、県北・県央・県南の3箇所に営業拠点を構えています。このことで可能になるのが、アフターメンテナンスの基礎となる毎年の定期訪問。不良箇所の未然の発見に努めています。また不慮の事態が起こった場合には、スピーディーな対応ができるでしょう。

小堀建設は「瑕疵保証」「地盤保証」「シロアリ保証」3つで家を守っています。とくに地盤とシロアリの保証は、自社のベタ基礎に自信があるからこそ加入できるものと考えることができそうです。

 

最後になってしまいましたが、小堀建設のデザインについても触れておきましょう。基本となるのは洋風、和風、モダンなどの7種類のテイスト。中には「和モダン・古民家調」といった、他のメーカーではあまり目にしないものも含まれています。HPの豊富な実績や県内6箇所に展開しているモデルハウスを参考に、建てたい家のイメージをふくらませてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

注文住宅には、フルオーダーとセミオーダーという注文方法があります。フルオーダーとセミオーダーは、費用も異なるため、まずは要望を書きだし、それを叶えることができる注文住宅がどちらなのか考える必

続きを読む

足利市の住環境 足利市は栃木県の南西部に位置しています。交通アクセスも良好であることから、栃木県で住むのに人気のエリアとなっています。 JRの他にも東武鉄道が通っているため電車でのアクセスは

続きを読む

内装のデザインの決め方が分からないという人のために注文住宅の内装デザインはどう決める?具体的な手順を大公開します!この記事を読めば、内装のデザインの決め方、内装のデザインを決める手順全てわか

続きを読む

注文住宅の費用は決して安くはないため、できるだけ建設コストを抑えたいと考える人は少なくないでしょう。そこで本記事では、注文住宅の費用内訳、注文住宅の建築コストを安く抑えるための方法、注文住宅

続きを読む

ガレージハウスは、クルマが好きな人にとって憧れの存在です。そんなクルマ好きが憧れるガレージハウスには、メリット・デメリットがあるのでしょうか? そこで今回は、ビルドインガレージのメリット・デ

続きを読む

近年、住宅の広告等で「長期優良住宅」という言葉を一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。長期優良住宅は高水準の性能に加え、一般的な住宅にはないさまざまなメリットがありますが、一

続きを読む

注文住宅で内装を選ぶと失敗しやすいというのは本当なのでしょうか。家を建てるうえで、その空間で住む人が快適に過ごせるかどうかというポイントはとても重要になってきます。そのためには、壁や天井、床

続きを読む

栃木県北部に位置し、関東地方の最北部となるのが那須塩原市です。塩原渓谷や塩原温泉郷などがあり山々の自然豊かな北西部と、那珂川と箒川が流れ、ゆるやかな扇状地となる南東部で形成されます。東北新幹

続きを読む

家を建てる際に避けては通れないのが耐震等級。地震が起きた際に、建物がどのくらい耐えられるかということの指標になります。注文住宅において、耐震等級はどのくらいあれば安心して住めるのでしょうか。

続きを読む

注文住宅で悩むポイントの一つである「間取り」。間取りによって、家の住み心地や快適さが変化します。注文住宅は、間取りも自分たちで決められるので、失敗したくないと考えている方も多いのではないでし

続きを読む