株式会社丸和住宅の口コミや評判

公開日:2022/01/01   最終更新日:2022/01/25

株式会社 丸和住宅
住所:栃木県栃木市境町23番26号
TEL:0282-24-5777(代表)

栃木市に本拠地を構える丸和住宅が住宅の中心と考えているのは家族です。夫婦や子ども、両親といった、家族を構成するそれぞれのための家造りを大切にしているのです。そのために家の基本性能を高めたり、住宅設備を充実させたりとさまざまな取り組みを行っており、創業以来、4,500棟以上の家を建てた実績があります。人気の秘密をご紹介します。

子どもの考える力を育む家づくりが可能

お子さんの誕生を機に家を建てようという方の多くが、子育てに向いていることを理想の家の条件としています。しかし子育てに向いた家という要望に、答えを用意している住宅メーカーは多くはないものです。丸和住宅は「考える力を育む家」という答えを「コドモ/クラシ脳科学研究所」の協力で提案しています。

脳科学から生まれたアイデア

「シューズクローク」で片付けの習慣をつけ、公共心を育む。「無垢の床」による木育でハイハイ期から脳の発達をうながす。「子ども専用本棚」で主体的に学ぶ習慣づけをする……子育てのために家ができることはたくさんあると、丸和建設は考えています。脳力を育む家なら暮らしの中で、子どもたちは学びを得ることができるでしょう。

いつまでも愛できるデザイン

子どもにとって家は重要な要素ですが、家に住むのは子育て期だけではありません。実際は子どもが独立して以降のほうが長くなるものです。丸和住宅はフルオーダーとセミオーダー、2つの注文住宅でいつまでも愛できる家を目指しています。

わかりやすいまるごと価格

わかりにくい価格ではなく、すべてが入ったまるごと価格を提示するのが丸和住宅です。業界にありがちなのが、住宅本体のみの価格を提示し、安さをアピールする手法。

安さにつられて話を進めるも、後からさまざまな費用が追加され、当初予算を大きくオーバーすることになるでしょう。一方で丸和住宅は、付帯工事費やその他経費などすべてを含んだ価格を提示しているのです。

付帯工事費

敷地調査や地盤調査、仮設工事、電線引き込み、屋外給排水工事が「付帯工事費」に含まれている金額です。まるごと価格を採用していない住宅メーカーなら、総費用の1520%を目安に別途用意しなければなりません。

その他経費

設計費や建築確認申請費、現場管理費、工事保険、住宅瑕疵担保保険、地盤保証、消費税が「その他経費」の中身です。他のメーカーなら総費用の510%が別途で必要になると考えてください。

充実の住宅設備

エコキュートやIHクッキングヒーター、浴室乾燥機、食洗機といった、オプション扱いになりがちな住宅設備もまるごと価格に含まれています。トイレをのぞく水回りは、LIXIL製とタカラスタンダード製から選択する方式。キッチンならホーローパネルを採用したタイプも選べてしまいます。

標準仕様で高性能

ハイブリッド構法による高耐震性能・気密性、セルロースファイバーとハイブリッドサッシ・Low-Eガラスによる高断熱性・高遮熱性が、丸和建設の住宅の標準仕様です。

ハイブリッド構法とは、日本古来の構法に耐力壁を採用することで、さらに強度を高めたもの。品質のばらつきがなく収縮や割れが起こりにくい「JWOOD」を、特殊な金具で接続することで、骨組みは造られています。

将来を見すえたZEH仕様

太陽光パネルや蓄電池こそ搭載していないものの、未来の住宅ZEHを視野に入れた設計になっています。ZEHとは発電・蓄電を行うことで、光熱費をほぼまかなえる性能を持つ家のことですが、設備がそろっているだけでは充分とはいえません。

住宅自体が高断熱・高気密の省エネ仕様になっている必要があるのです。丸和建設の住宅は、標準仕様でZEHにもなり得る高いポテンシャルを秘めているのです。

家を建てた後も安心の総合保証システム

丸和住宅は手厚い保証を用意しているのですが、中でも注目は30年間の長期保証といえるでしょう。定期的なメンテナンスこそ必要になりますが、30年間を保証してくれるのは住宅メーカーでもまれなこと。自社が建てた家に自信を持っているからできることです。また住宅設備にも10年間という長期保証が付いています。

防蟻保証は10年間

新築から10年間は、シロアリが発生しないことを保証しています。それ以降は住宅の定期点検時にシロアリの有無も確認してくれますから、家はいつまでも安心です。

地盤保証は20年間

3者機関による地盤調査を実施して、不具合が見つかった場合は、地盤改良工事の費用を負担してくれます。

 

丸和住宅の家造りを知るには、モデルハウスへ足を運ぶのが一番です。常設展示場があるのは「栃木住宅公園」と「CRTハウジング小山」の2か所で、栃木住宅公園には上でお話しした「考える力を育む家」仕様となっています。

また建て方はセミオーダーとフルオーダー、2つから選ぶ方式になっているのですが、CRTハウジング小山ではセミオーダーの2階建て「ラグ」タイプを目にできます。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

注文住宅には、フルオーダーとセミオーダーという注文方法があります。フルオーダーとセミオーダーは、費用も異なるため、まずは要望を書きだし、それを叶えることができる注文住宅がどちらなのか考える必

続きを読む

足利市の住環境 足利市は栃木県の南西部に位置しています。交通アクセスも良好であることから、栃木県で住むのに人気のエリアとなっています。 JRの他にも東武鉄道が通っているため電車でのアクセスは

続きを読む

内装のデザインの決め方が分からないという人のために注文住宅の内装デザインはどう決める?具体的な手順を大公開します!この記事を読めば、内装のデザインの決め方、内装のデザインを決める手順全てわか

続きを読む

注文住宅の費用は決して安くはないため、できるだけ建設コストを抑えたいと考える人は少なくないでしょう。そこで本記事では、注文住宅の費用内訳、注文住宅の建築コストを安く抑えるための方法、注文住宅

続きを読む

ガレージハウスは、クルマが好きな人にとって憧れの存在です。そんなクルマ好きが憧れるガレージハウスには、メリット・デメリットがあるのでしょうか? そこで今回は、ビルドインガレージのメリット・デ

続きを読む

近年、住宅の広告等で「長期優良住宅」という言葉を一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。長期優良住宅は高水準の性能に加え、一般的な住宅にはないさまざまなメリットがありますが、一

続きを読む

注文住宅で内装を選ぶと失敗しやすいというのは本当なのでしょうか。家を建てるうえで、その空間で住む人が快適に過ごせるかどうかというポイントはとても重要になってきます。そのためには、壁や天井、床

続きを読む

栃木県北部に位置し、関東地方の最北部となるのが那須塩原市です。塩原渓谷や塩原温泉郷などがあり山々の自然豊かな北西部と、那珂川と箒川が流れ、ゆるやかな扇状地となる南東部で形成されます。東北新幹

続きを読む

家を建てる際に避けては通れないのが耐震等級。地震が起きた際に、建物がどのくらい耐えられるかということの指標になります。注文住宅において、耐震等級はどのくらいあれば安心して住めるのでしょうか。

続きを読む

注文住宅で悩むポイントの一つである「間取り」。間取りによって、家の住み心地や快適さが変化します。注文住宅は、間取りも自分たちで決められるので、失敗したくないと考えている方も多いのではないでし

続きを読む