株式会社むぎくらの口コミや評判

公開日:2022/01/01   最終更新日:2022/01/24

株式会社むぎくら
住所:〒320-0051 栃木県宇都宮市上戸祭町3007番地22
TEL:0120-37-1806
営業時間:9:00~18:00
定休日:無休(年末年始・GW・夏季休暇を除く)

宇都宮で名称を変えることなく、最も古くから続いている住宅メーカーが「株式会社むぎくら」です。これ自体が満足度の高い家を建てていることの証明ですが、施主さんの6割以上が紹介・口コミ客であるということも、同じことを表しているといえるでしょう。他にもある高品質、充実のアフターというむぎくらの特徴を、以下に見ていきましょう。

品質の高い家を実現

他にも高品質の家を建てるメーカーはあるとは思いますが、むぎくらの特徴は多くの設備や仕様が標準で付いてくることです。「よりよいものを、より安く」という創業以来の理念がよく表れているのですが、これは経費削減など企業努力の賜物といえるでしょう。

インテリアとエアコン込みでこの価格!

むぎくらの家は標準の設備が充実しています。カーテンや照明、エアコンなど、他の工務店では別料金になりがちなアイテムもすべて付いてくるのです。中でも注目は1階の居室に電動シャッターが付いてくること。外部からの侵入者や強風から窓ガラスを守ってくれます。またすべての窓には、網戸が標準で付いてきます。

水回りはLIXILのハイコスパライン

キッチン、ユニットバスなどの水回りは、すべて大手メーカーLIXILのものでそろえられています。コストパフォーマンス、カスタマイズ性、安心感、エコ性能など、どれを取っても不満を感じることはないでしょう。

ハイブリッドとツーバイフォー、2つの構法

在来工法に耐力壁を加えるハイブリッドと耐力壁で組み立てるツーバイフォーの2つの構法を使い分けているのがむぎくらです。それぞれ独自に強化されており、ハイブリッドは集成材や特殊な金物、剛床を、ツーバイフォーは基準の1.3倍の厚さを持つ耐力壁を使うことで、頑丈さを実現。地震などの自然災害から家族を守ります。

高い断熱性を実現

袋やシート状の断熱材を貼り付けるのではなく、吹き付けて施工することで、高い断熱性を実現しています。すき間ができませんし、時間の経過とともに垂れてくることもありません。

窓に採用したのはアルミと樹脂の複合サッシとペアガラスです。断熱性を高めることにより屋内はいつも快適。光熱費の削減につながりますし、ヒートショックを起こすこともありません。

健康志向の家造り

断熱材などにホルムアルデヒドが発生しない建材を用いていますから、シックハウス症候群の心配はありません。また基礎や壁内、室内に湿気がこもらない構造にすることで、ダニやカビの発生を抑制し、シロアリの発生も抑えています。

安心のアフターメンテナンスを提供

新築から10年間の瑕疵担保責任保証を付けている住宅メーカーは珍しくありませんが、むぎくらは最長25年間という長期間の保証を付けています。無条件で25年間保証してくれるわけではなく、10年目と15年目にむぎくらによるメンテナンスを受けるという条件付きにはなっていますが、この長期間の保証は大手メーカーでもあまりありません。

すべてをむぎくらにおまかせすれば、長期間の安心を手に入れられるということです。

地盤品質保証10年

新築からの10年間に地盤に万が一のことが起こった場合、補修費用をサポートしてくれます。地盤に不安がある場合は、第3者機関による調査と改良を実施しています。

むぎくらで家を建てる際の流れ

家を建てた方からの評判や開催しているイベントでむぎくらのことを知ったなら、そこから家造りのスタートです。土地探し、建てる家のプラン相談・提案、申し込み・ローンの事前審査と進行していきます。

審査が通ったなら家造りはより具体的なステージへと入り、打合せから最終見積り提出、そして正式な契約へと至ります。そして地鎮祭、着工、引き渡しという流れです。

打ち合わせは設計士が主

間取りや内装など細かな打ち合わせを行うのは、営業担当者ではなく主に設計士です。理由はより家に通じているのは、設計士とむぎくらは考えているから。施主さん、営業担当、設計士……と伝わるうちに、話が違ってくることを防ぐ意味合いもあります。

社内に工事部門がある

大手の住宅メーカーにありがちなのが、営業部門しか置いていないケースです。工事は地元の工務店に丸投げしているメーカーは実に多いものですが、むぎくらは工事課を社内に置いています。

これで期待できるのは、責任ある施工。施主さんの意向もより伝わることでしょう。同様にリフォームやメンテナンスを担当する部門も抱えていますから、建てた後も安心です。

 

むぎくらの家に興味を持ったなら、頻繁に開催しているイベントやモデルハウスを訪問してみましょう。モデルハウスは、小山市に2か所、日光市と宇都宮市にそれぞれ1か所です。住み心地のよさや、充実した設備を実際に体験してみてください。

またHPには実例が豊富に掲載されていますから、さまざまなバリエーションの家を建てられることがわかるでしょう。注文住宅を建てる方法は5つあるひな型を発展させる方法と、ゼロから理想の家を建てていく方法の2種類となっています。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

注文住宅には、フルオーダーとセミオーダーという注文方法があります。フルオーダーとセミオーダーは、費用も異なるため、まずは要望を書きだし、それを叶えることができる注文住宅がどちらなのか考える必

続きを読む

足利市の住環境 足利市は栃木県の南西部に位置しています。交通アクセスも良好であることから、栃木県で住むのに人気のエリアとなっています。 JRの他にも東武鉄道が通っているため電車でのアクセスは

続きを読む

内装のデザインの決め方が分からないという人のために注文住宅の内装デザインはどう決める?具体的な手順を大公開します!この記事を読めば、内装のデザインの決め方、内装のデザインを決める手順全てわか

続きを読む

注文住宅の費用は決して安くはないため、できるだけ建設コストを抑えたいと考える人は少なくないでしょう。そこで本記事では、注文住宅の費用内訳、注文住宅の建築コストを安く抑えるための方法、注文住宅

続きを読む

ガレージハウスは、クルマが好きな人にとって憧れの存在です。そんなクルマ好きが憧れるガレージハウスには、メリット・デメリットがあるのでしょうか? そこで今回は、ビルドインガレージのメリット・デ

続きを読む

近年、住宅の広告等で「長期優良住宅」という言葉を一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。長期優良住宅は高水準の性能に加え、一般的な住宅にはないさまざまなメリットがありますが、一

続きを読む

注文住宅で内装を選ぶと失敗しやすいというのは本当なのでしょうか。家を建てるうえで、その空間で住む人が快適に過ごせるかどうかというポイントはとても重要になってきます。そのためには、壁や天井、床

続きを読む

栃木県北部に位置し、関東地方の最北部となるのが那須塩原市です。塩原渓谷や塩原温泉郷などがあり山々の自然豊かな北西部と、那珂川と箒川が流れ、ゆるやかな扇状地となる南東部で形成されます。東北新幹

続きを読む

家を建てる際に避けては通れないのが耐震等級。地震が起きた際に、建物がどのくらい耐えられるかということの指標になります。注文住宅において、耐震等級はどのくらいあれば安心して住めるのでしょうか。

続きを読む

注文住宅で悩むポイントの一つである「間取り」。間取りによって、家の住み心地や快適さが変化します。注文住宅は、間取りも自分たちで決められるので、失敗したくないと考えている方も多いのではないでし

続きを読む