株式会社テクノホームの特徴

公開日:2022/01/01   最終更新日:2022/01/24

株式会社テクノホーム
住所:栃木県宇都宮市御幸ケ原町150−27
TEL:028-660-6145
受付時間:定休日:日・祝

宇都宮市に本社を構える「テクノホーム」の特徴は、高いデザイン性と住みやすさの両立ですが、それだけの住宅メーカーではありません。木造とRC造の2つが用意されており、それぞれ住みやすさの工夫をほどこすなど、施主さんの要望に高い対応力を見せてもくれるのです。所属する腕利きの設計士とともに、理想の家を追及していきましょう。

デザイン性の高い家を提供

テクノホームの手掛ける家は大きくわけるとスタンダードな木造と、高い剛性のコンクリート(RC造)の2種類。木造はさらに企画住宅の「D’Sスタイル」と自由設計の「呼吸する家」にわかれます。

D’Sスタイル

5つの外観と8つのプランから好みのものを選び、それぞれに発展させていくのが「D’Sスタイル」です。いずれも直方体を基本にしたシンプルで飽きが来ないデザインになっており、3階建てや平屋を選ぶこともできます。吹き抜けや広い土間があるなど、間取りには開放感がありますが、これを可能にしているのが壁内と壁外の両方に施されたダブル断熱。省エネ性に優れていていることに加えて壁内結露も抑える仕組みになっていますから、長寿命の家が実現するのです。

呼吸する家

「呼吸する家」はゼロから設計士といっしょに建てていくタイプです。高い塀で囲まれたコートハウスを基本に、外観も間取りも自由にできますが、プロならではのアドバイスがもらえるのが心強いところ。家事動線や道路からの見え方など、充分に配慮した提案がもらえるでしょう。内装だけでなく家具や照明もコーディネートしてくれますから、心地よい空間が完成します。もちろんこのタイプでも、上で触れたダブル断熱は採用されています。

コンクリートワークス

RC造の家もラインナップしているところが、テクノハウスの魅力。コンクリート打ちっぱなしの外観や内装も、テクノハウスで実現できるのです。またクールなだけでなく、要所には木材を配することで、外観に温かみを与えることに成功しています。構造上の特徴は木造にはないタフさ。柱がない大空間のリビングも可能です。またRC造というと、夏の暑さや冬の寒さが心配されがちですが、それらは特殊な断熱材の施工によって解消しています。戸建てだけでなく、のべ1,000室以上の集合住宅をRC造で手掛けているテクノワークスですから、信頼性の高い一軒が建つことでしょう。

素材にこだわった家づくり

テクノホームがこだわるのはデザインだけではありません。使っている素材も他の住宅メーカーではあまり見られないもの。とくに内装に使われているものは自然由来のもので、住む人や環境に優しいのが特徴です。

外壁は塗り壁「ディパネート」

サイディングの外壁が多い中、テクノホームは塗り壁のディパネートを標準で採用しています。味わいがあるだけでなく、長耐候性、低環境負荷という特徴もある外壁です。

内壁は珪藻土・漆喰

内装は壁紙ではなく、自然素材の珪藻土・漆喰です。湿度を吸収・放出する調湿性に優れていますから、季節を問わず室内はいつも快適です。

床は無垢フローリング

床に用いられているのは、合板ではない無垢フローリング。優しい肌触りと時の経過とともに深まる風合いが特徴。珪藻土・漆喰の内壁と同様、調湿機能にも優れています。

屋根はガルバリウム鋼板

軽量なガルバリウム屋根は躯体への負担が軽く、地震でも安心です。耐候性にも優れていますから、メンテナンス費用を抑えることができます。

土間にはモルタル

趣味の空間としても使える土間はモルタルです。オプションで大理石やタイル貼りにすることも可能です。

1年中過ごしやすい家づくり

テクノホームの手掛ける家はデザイン性が高いだけに、住心地をないがしろにしているのでは?と誤解されがちですが、決してそんなことはありません。上でも触れてはいますが、もう少しくわしく見ていきましょう。

木造にはダブル断熱工法

壁内にはセルロースファイバーを充填し、外壁には断熱材入りのフォルテボードを貼るというダブル断熱工法で、1年中過ごしやすい家を実現しています。壁内で結露を起こすこともありませんから、躯体が湿気でダメージをこうむったり、シロアリが発生したりということも起きにくくなっています。

RC造には特許工法

RC造りの暑さ・寒さは、断熱材を固定する方法が原因でした。テクノホームはコンクリートに断熱材を直接固定しないという、特許工法を採用することで、暑さ・寒さとは無縁な1年中快適な家を実現しています。

 

おしゃれさだけでなく、基本性能もしっかり満たしているのがテクノホームの住宅です。HPには豊富な施工例が掲載されていますが、本当の魅力が伝わるのはやはりモデルハウス。新築間もないものが高根沢町宝積寺にオープンしていますから、内外観と基本性能の高さをチェックしに、ぜひ足を運んでみてください。

また家造りの相談なら、宇都宮市の本社でも対応可能です。いずれも要予約となっていますから、たずねる前にはまず連絡してみましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

注文住宅には、フルオーダーとセミオーダーという注文方法があります。フルオーダーとセミオーダーは、費用も異なるため、まずは要望を書きだし、それを叶えることができる注文住宅がどちらなのか考える必

続きを読む

足利市の住環境 足利市は栃木県の南西部に位置しています。交通アクセスも良好であることから、栃木県で住むのに人気のエリアとなっています。 JRの他にも東武鉄道が通っているため電車でのアクセスは

続きを読む

内装のデザインの決め方が分からないという人のために注文住宅の内装デザインはどう決める?具体的な手順を大公開します!この記事を読めば、内装のデザインの決め方、内装のデザインを決める手順全てわか

続きを読む

注文住宅の費用は決して安くはないため、できるだけ建設コストを抑えたいと考える人は少なくないでしょう。そこで本記事では、注文住宅の費用内訳、注文住宅の建築コストを安く抑えるための方法、注文住宅

続きを読む

ガレージハウスは、クルマが好きな人にとって憧れの存在です。そんなクルマ好きが憧れるガレージハウスには、メリット・デメリットがあるのでしょうか? そこで今回は、ビルドインガレージのメリット・デ

続きを読む

近年、住宅の広告等で「長期優良住宅」という言葉を一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。長期優良住宅は高水準の性能に加え、一般的な住宅にはないさまざまなメリットがありますが、一

続きを読む

注文住宅で内装を選ぶと失敗しやすいというのは本当なのでしょうか。家を建てるうえで、その空間で住む人が快適に過ごせるかどうかというポイントはとても重要になってきます。そのためには、壁や天井、床

続きを読む

栃木県北部に位置し、関東地方の最北部となるのが那須塩原市です。塩原渓谷や塩原温泉郷などがあり山々の自然豊かな北西部と、那珂川と箒川が流れ、ゆるやかな扇状地となる南東部で形成されます。東北新幹

続きを読む

家を建てる際に避けては通れないのが耐震等級。地震が起きた際に、建物がどのくらい耐えられるかということの指標になります。注文住宅において、耐震等級はどのくらいあれば安心して住めるのでしょうか。

続きを読む

注文住宅で悩むポイントの一つである「間取り」。間取りによって、家の住み心地や快適さが変化します。注文住宅は、間取りも自分たちで決められるので、失敗したくないと考えている方も多いのではないでし

続きを読む